コレツィオーネTV > ニュース

Vol.126 巨星また逝く

©Strail Times

©Strail Times

去る8月末、フェルディナンド・ピエヒ氏が亡くなった。
ポルシェ博士の孫にして、VWグループの総帥。御年82歳だった。

 

©Porsche

©Porsche

ここでドイツ車ってのもおかしな話かもしれないが、実はそんなことはない。
ランボルギーニやブガッティなど、名だたる名ブランドが今も存在し続けるのは、まぎれもなく彼のおかげ。
現在のAUDIがあるのも実は彼のおかげ。もっというと、今のポルシェのブランドだって彼のおかげ。初代VWゴルフがジョルジェット・ジウジアーロによってデザインされたのも、彼のイタルデザインが最近VWグループに売却されたのも、すべてピエヒさんが関係している。

©AUDI

©AUDI

詳しい話はカーグラフィックやその他専門誌でぜひお読みいただきたい。近代自動車業界における大物中の大物の一人なのである。

 

 

 

そんな大物が優秀な経営者なのはいうまでもなく、同時に厳しいことでも有名。私のような小物が当然接点などがあるはずもないのだが、何度か欧州のモーターショーでお見かけすることがあったが、新商品発表の際にピエヒさんがいたりしたらもう大変で、その時のVW関係者の異常な緊張ぶりったらもう…。これぞカリスマってものなんだろうと実感したものだ。

 

 

ところで、まもなく東京モーターショーが始まるが、先のフランクフルトモーターショーでも規模縮小が嘆かれている。上海以外は、どこも縮小傾向なのだろうが、東京はせめて頑張ってほしい。みなさん、奮って足を運びましょう! 日本の経済の2割は自動車で成り立っているのですからね。
そんな自動車業界。文字通り荒波に飲まれているわけだが、いったい何が死に絶え、何が生き残り、何が新たに生まれるのか本当のところは誰にもわからない。
ただ、ピエヒ氏が重んじた車輪が付くものに対する「情熱」はこれからも変わらないと思う。そこから紐解けば、車輪業界において「何がいちばん大切なのか」がもっともっとに明確になっていくと思う。

 

技術は時代とともに移り変わるし、便益を求めるのは人の性。しかし、人生を生きるという意味で、身の回りの道具がその一翼を担うのもまた真理。だから、安いから、便利だからというだけで人は道具を使わない。

やはり、自動車には「愛すべき」「愛されるべき」魂のようなものが宿ってほしいと切に願うばかりである。

 

それではまた近々

 

 

A Prestissimo!!

Vol.125 電気のパンダ

FIATPANDAいよいよパンダが生まれ変わる。

初代以降、モデルチェンジのたびに悪口を叩かれてきたパンダだが、

実際の使い勝手は常に向上してきていた。乗れば良い車だし、どの時代のモデルも生活のアシとしておしゃれに使えばオシャレになるという、実はよくできた車たちだった。

 

もちろん、初代のジウジアーロデザインの秀逸さに届いているかといえば、さすがに個人の好みの問題としか言いようがないが、そのかわり高速性能やエアコン、安全性能などは飛躍的に向上した。

 

そんなパンダがいよいよEVになる。まあそうでしょうね。世の中の流れとしては。

CENTOVENTI

本国イタリアをはじめ、EU各国としては、EVであるだけで走行できる時間や場所が飛躍的に増えるので珍重される傾向があるが、一方でコストにみあうだけの利便性があるかというとまだまだ疑問視されている。

 

具体的には充電時間と走行距離である。やはりまだまだ「もう一声」の世界だったりする。ここはインフラの問題もあるので、まだまだ静観なのかな。

 

 

そろそろ、20年前のようにメタンガス変更キットが出たように、古い車のEVコンバージョンキットが出てくるだろうから、そのへんを見越して古い車を買っておきたいものだ…。

 

 

それではまた近々

 

A Prestissimo!!

Vol.124 4億を超えるエレキ

IMG_0139ピンク・フロイドが大好きな私は、そのギターであるデイブ・ギルモアも大好きだ。

日本ではいにしえのプログレバンドとして有名だが、世界的には究極のビッグネームであり、いまだにさまざまなCMで使われたり、無数のコピーバンドが存在する。

 

 

私が高校生の頃、70年代初頭にリリースされたアルバム「The Darkside of the Moon」がBillboardのTOP100に400週を超えてランクインし続けていたりするような、ロックとして生きながら、すでにクラッシックに突入しているのではというようなモンスターバンドがピンク・フロイドなのである。

 

 

ここ数年、キーボードのライトさんが亡くなったりして、完全な形での再結成が不可能になってしまったが、いまだ活動しているギタリストのデイブ・ギルモア氏が、なんと彼のトレードマークであるギターをはじめ、すべてを競売にかけるといいだして世界が騒然としたのだ。

 

 

通常現役の売れっ子ミュージシャンが使用楽器を手放すことなど、めったにないことだし、またそれが世界最高の人気を誇るバンドのギタリストのものとなると一体どうなるのか?

そんな憶測の通り、6月にNYで行われたサザビーズのオークションでは、そのトレードマークであるオリジナルのFender Stratocasterがなんと397万5000ドル。日本円で4億強で落札された。

 

ちなみにこのギター。69年のものなのだが、自分の使い勝手優先にギルモアさんが荒々しい改造を重ねに重ね、ボディこそオリジナルだが、ネックは83年だの、穴開けまくりの部品交換されまくりのギターなのに、である。彼のものという事実がなければ、おそらくジャンクなのはまちがいない。

 

恐ろしい勢いで100万ドルを超える映像に、改めて彼の、そしてこのギター「The Black Strat」の人気を垣間見た気がする。

 

2014年代初頭にFender社から発売されたコピーモデルも出品されたのだが、ギルモアさんがステージで使ったというだけで、10万ドルだったという…。

 

<出展されたギター一覧はこちら>

https://www.christies.com/features/Virtual-Tour-The-David-Gilmour-Collection-June-9958-3.aspx?sc_lang=en

 

生ける伝説というのか…。大きな驚きとして欧米ではニュースになっていた。いち小市民としては、オークションのトートバッグを手に入れるのが精一杯だった…。

 

IMG_0138

 

 

ちなみにピンク・フロイドのメンバーはみな良いフェラーリを持っている。ギルモア先生もF40などをお持ちだ。特にドラムのニック・メイスンは有名なコレクター(ただし、運転は相当ヘタ)。

 

今回のオークションでは総額20億円を売り上げたそうだが、全額寄付。
さすが、大物は違う。

 

 

それでは、また近々

 

A Prestissimo!!

Vol.123 読者はそれでも熱がほしい

出版不況が嘆かれて久しい。
紙媒体だけではない、TVやラジオも、「今は世の中インターネットだからねえ」などと、弱腰な言葉ばかりが聞こえてくる。

 

かつて、ネット前夜の時代ではあったが、少なくともバブルのちょっとあとくらいまでのころは、オーソリティといわれる専門誌から、新しく刊行される雑誌まで、とにかく発売日が楽しみだったし、読めば「なるほど!」と唸らせられることしきりだった。でも、すべてが新しい情報ばかりだったかというと、決してそうじゃない。新鮮な食材だけが美味しい料理の秘訣なのではないように、やはりきちんと料理されたものこそが美味しいのだ。

 

 

暗に今の編集者を批判しているのかというと、そのとおりだ。

 

 

どの業界もみんながみんな殺伐としているかといえば、そんなことはないと思う。

例えば音楽雑誌。名門のSM社さんをはじめ、いまでも精力的に「なるほど」とおもわせるような読み応えのある記事満載の雑誌やムックを刊行されている。決して安くはない金額だが、ついつい買ってしまう。

 

 

自動車雑誌はどうだ?
もちろん、当然ながら仕事なのでがんばっているが、好きなことを職業にできた幸せというのは、目指したが届かなかった人たちにすれば、本当に羨ましい世界なはずだ。そりゃ編集仕事は大変だ。でも、エンタメだってことと、自分が知りたいことは読者よりも深くなきゃいけないくらいの責任感は持ってほしい。

 

いつだって、楽しいことを教えてくれる「先輩」でなくちゃいけない。

 

自動車って、生活に根ざすもの、趣味に根ざすもの、いろんなユースケースがあるわけだが、そのどれにも属さない「他人事」な記事が多いのが海外のメディアとの大きな差のような気がする。

 

新製品の発売情報程度のことなら、それこそネットで拾えばいい。 それ以上の真剣に向き合うための情報源を、今も昔もこれからも人々は求めているのではないだろうか?

 

ネット上での情報に対する信頼性はこれからどんどん下がっていく。だからこそチャンスだ。

 

好きこそものの上手なれという言葉のように、むせるような、そしてうっとおしさすら感じるような熱量と愛が溢れた人でないと、こうした媒体を輝かせるのは難しいのかもしれない。Youtuberがその代わりになるという風潮もあるが、それはない。断じよう。

 

 

プロの矜持ってやつをなめてもらった困る。
がんばれ、雑誌! がんばれ、編集者!

 

 

それではまた近々

 

A prestissimo!!

 

 

Vol.122 続々復活…。

 

一台9000万円、72台限定でなんとあの「デ・トマゾ」が復活した。
ブランドの宝庫イタリアからまたまた名門ブランドが甦った。
え、「デトマソ」でしょ?

といわれそうだが、「デ・トマーゾ」が正しい。なので「デ・トマゾ」。
ここでは世紀の発音と表記でいかせてもらう。

 

最近では70年代のスーパーカー、パンテーラが高値を更新し続けているが、そうゴージャスな感じのなかったデ・トマゾも、ここにきて時代の流れに乗っているのか、ウルトラゴージャスになって生まれ変わった。

detomaso-03

全く個人の意見だが、テスラ4なんかよりは、こっちのほうがはるかにインパクトが強いし、マーケットでは受けると思う。

 

 

 

アシと車ってのはまったくの別物になっていくこれからの世の中を考えると、やはりこうした「昔の名前で出ています」というのは、あながちレトロなだけではないと思うがどうだろう?

443c8406-de-tomaso-p72-10

 

ところで、この車、F社のPなんとかってのに似てるって?
まあ、それは言いっこなしということで…。

 

 

それではまた近々

 

 

A Prestissimo!!

 

 

 

Vol.121 GIANNINIを知っているか

Giannini_logo
もちろんアバルトが最も有名なFIATチューナーであることに異論を唱えるものはいないだろうが、GIANNINIというローマのチューナーの手によるFIATたちが、ときにABARTHをも上回るパフォーマンスを持っていると知っている者は、日本にはそういないだろう。

 

夏を目前にしたこの時期、イタリア各地で週末は様々なイベントで盛り上がるのだが、ちょっとした草レースなどもその一つ。例えばワインの産地としても有名なトスカーナでは、草ラリーなどもさかんだが、そこでまさにブイブイ言わせているのがジャンニーニたちなのだ。

giannini500_01

ポルシェ911などに混じって、強烈な勢いで走り抜けていく可愛らしいFIATたちなのだが、事実腕の差があるとポルシェすら食ってしまうほどのポテンシャルを見せることもある。なので、実際イタリアの車マニアとの飲みの席などでは「ジャンニーニなんすよね…。」というと「むむっ」という流れになる。

 

 

128NP

ローマに自動車??

なんて思ったりもしたが、ジャンニーニは別格なのだ…。そんなジャンニーニは今年創立100年を迎える古参。

 

2017年には、FIAT500に350HPまでチューンしたアルファ4Cのエンジンを搭載し、四輪駆動で武装した350GP4という、強力マシンが登場したが2000万以上の価格がつくこんなモデルが作られる背景には、イタリアやヨーロッパにおける確かな信用があるという証拠でもある。

この動画は、その後登場したアニベルサリオという後輪駆動モデルだが、なかなかいい感じのモリモリ感である。

いかがですか? 渋くて速いイタリアのチューンドカー、ジャンニーニ。

ぜひ!

 

それでは

Vol.120 まだまだ出てくるF1マシン

IMG_0273

ミハエル・シューマッハの話はここでもよくするのだが、先日のニキ・ラウダ逝去にからめてか、はたまた思ったほか不調なフェラーリF1のネタが多い昨今。

つい最近彼の医療費捻出(あくまで想像)のためか、個人所有車が続々オークションに出ているが、今度は2002年のマシンが登場した。

 

2002年といえば、全レース表彰台。9回のワンツー。11勝という恐るべき強さを発揮したシーズン。しかも、これまで最多の優勝記録を持っていたファン・マヌエル・ファンジオの通算5回に並ぶ優勝が決まった記念碑的なシーズンのマシンだ。

RM Sotheby

RM Sotheby

 

V10、3リッター、17,800回転で823馬力を絞り出すこのマシンのユニットは、恍惚のサウンドを生み出すことでも有名。
フェラーリF1の中でも名車のほまれ高いこの一台。

 

 

来る11月30日に予定されているアブダビにおけるRM Sothebyのオークションに登場の予定だが、750万ユーロほどが落札予想価格だそうだ…。

 

それではまた近々

 

A Prestissimo!!

Vol.119 CIAO! GRANDE NIKI

NL01ニキ・ラウダが逝ってしまった。
このコーナーでも何度か取り上げたことのある、F1界のレジェンドにして、昭和生まれのスーパーカー世代には馴染みの深いドライバー。

 

 
何度かここで彼の話をしたことがあるのだが、個人的にはものすごいファンである。
近年映画になった「RUSH」という映画でも描かれた1976年シーズンの話は、当時の車好き少年たちのハートを鷲掴みにしたし、その後の様々な漫画にも彼自身や彼と思しきキャラクターが登場したほどだ。

出展 小学館・村上もとか「赤いペガサス」

出展 小学館・村上もとか「赤いペガサス」

 

 

不屈の闘志という言葉は、まさに彼にこそふさわしく、等の76年の死地をさまようような事故からの復活劇は、本当に衝撃的だった。
もちろん、これを期に最初に手に入れるヘルメットは絶対にニキ・ラウダモデルにしようと心に刻んだものだ。

恐ろしく滑らかでスマートな走りからコンピューターの異名をとったラウダさん。(さん付けです、心の師匠だから)

 

Ferrari312

 

当時、絶対服従が基本だったエンツォ・フェラーリに対しても、歯に衣着せぬ言葉で勝つための提言を繰り返し、信条に反することがあるとすっぱりと背を向けるその潔さ。

 

突如「ハツカネズミみたいに同じ場所をくるくる回るのに飽きた」といってF1を一旦引退するも、自身の航空会社が経済的にピンチとみるや、ポルシェエンジンをひっさげマクラーレンからF1復帰。
そして見事三度目のワールドチャンピオンをかっさらってしまうというカッコよさ。

 

 

NL02

 

縁があってF1の仕事に就いたとき、当時フェラーリのアドバイザーもしていた先生を、パドックやピットで見つめておりましたが、一度だけ仕事の合間に会話する機会に恵まれた。

 

今思い出しても、恥ずかしいほど本当に舞い上がった。いい歳をこいて、本当に舞い上がった。

「今はこうして仕事してますけど、本当に子供の頃からあなたの大ファンでした…。最初の車もあなたが広告に出ていたFIAT X1/9だったんですよ!」

そう言うと、キリッとありがとうと言われ…。

 

勢いサインを免許証に貰おうとしたら「すまん、TVのインタビューがあるからまた!」といって断られてしまった…。

 

普通なら痛恨の極みなのだろうが、私ほどのファンともなるとむしろ「ラウダにサインを断られた」ということを自慢にしてきたことは言うまでもない。

 

 

しかし、今となっては本当にサインほしかったなあ…。

よくいるファンのように、「CIAO NIKI!」とか言って、帽子を差し出せばよかった…。

 

 

5/20 月曜日 マラネロの友達が「今日は半旗だよ…。」そう伝えてくれた。

 

 

 

Addio Grande Niki!

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 

Vol.118 聖地巡礼 その1

IMG_0038ちかごろ、テレビドラマや映画やアニメに登場する場所を訪れる「聖地巡礼」なるものが流行っているが、自動車マニアの世界にも当然そうした動きはある。

 

そう書いている自分も、大昔の学生時代にはいろいろと聖地巡礼をしたクチだが、ほうぼうで「俺は○○の友達だ」とうそぶいてよく工場に入れてもらったりした。
(注 この手法はのちに先輩となる、有名長寿カーTVのMCが学生時代に取っていた手法だった…。)

 

コンプライアンスだとかガバナンスだとか言わない、今よりももっともっと穏やかで暮らしやすかった時代のことだけれども、やはりクルマ好きにとっての「聖地巡礼」というのは胸躍るものだ。

 

なかでも聖地ランク筆頭といえば、自動車会のアイドルといっても差し支えないだろうフェラーリだろう。

 

IMG_0271自動車の仕事に就き、イタリアに移住し、いつしか何度も訪れるようになったおかげで、すっかりスレた自分が寂さを感じていたのだが、しばらく間が空いたおかげなのか、ミケーレ・アルボレート通りだなんて、イカした名前の通りを走り、跳ね馬のスタチューが見えてくると訪れると、やっぱり独特の高揚感を感じるものだ。

 

正門のロケーションこそ変わらぬものの、中は小さな近代的な空港のようなギラッギラの建物が増えている。特にこの数年の彼らのファシリティの変化にはいつも驚かされる。

プラダのブティックか!というようなデザインセンターや、かのレンツォピアノが設計した食堂など、なかなか見ごたえがある。(大人の事情で写真は一切NG)

つづく。

 

それではまた近々!!

 

 

A Prestissimo!!

 

Vol.117 F40というクルマ

F40一番好きなフェラーリは? と問うのは非常に難しく、答えるのも難しい。
もちろんエンツォの息がかかっている、かかっていないというのは以前から多く議論されてきたし、個人的にはエンツォの目が黒いうちのモデル以外は興味がない。(フェラーリオーナーでもないくせに!)

 

そんな中、日本ではバブルの象徴であり、母国イタリアでは最後のエンツォの息のかかったクルマとして有名なのがF40である。

イタリアではまずもって走っているF40を見かけることはないが、日本では六本木あたりで普通に走っていたことを思い出す。

そんなF40。イタリアでは色に対するある種のこだわりが強いのでも有名だ。

かつて、フェラーリ社内では「白を頼む人は変わり者」というような風潮があり、599あたりまでは、ラインで塗装を終えたボディの前で写メを撮る工員がいたのを思い出す。

もちろん今じゃ白は珍しくもなくなったわけだが、ちなみにイタリア人は赤かシルバー、そして紺色などの青系を好む傾向がある。308以降のスモールフェラーリ、4座など、あらゆるモデルでこの傾向が強かった気がする。

ところが、このF40のみは例外で、赤以外を認めない風潮があるのだ。
おそらくはル・マン用だとの話もあったモデルで、特にレースシーンを想起させるものだったからなのかもしれないが、このクルマには特に赤であることを強要したのかもしれない。(同様に288GTOに対してもその傾向がある。)

黄色や黒もなかなかかっこいいと思うのだが…。

ところで、このF40登場から今年で30年だそうです…。
どうしたもんだか…。

 

 

それではまた近々!!

 

 

A Prestissimo!!

Page Top