コレツィオーネTV > ニュース

Vol.166 「甘ったれ」を許さない風潮への回帰

今回はクルマではなくて映画の話。
大人の事情でビジュアルは割愛させていただく。

昨年春からアニメ化されて、徐々に火がつきコロナ禍の影響による「おこもり」も追い風になったのか、異様にコミックスが売れ1億部突破。
ついで、10月16日から封切りされた映画がなんと3日で46億円の興行収入だという。

 

 

吾峠呼世晴さんの「鬼滅の刃」は、完全に社会現象になっている。
いまや検索で「ごとうげ」くらい入力すれば、この難しい漢字がサラリと出るほど、一般化しているのはいよいよ本物だということだろう。作品の細かい内容については各々お調べいただくとして、ちょっとだけこの作品について語りたい。もちろん個人的な意見ではあるが…。

というのも、こと映画やアニメーションといったエンタメ作品をみるにつけ、なぜかいつの間にか日本は「やさしさ」ばかりを尊重する世の中になっていた気がしていた。それは海外から見ていてもとても顕著で、およそ厳しさというものとはかけ離れた、実に偏った、気持ちの悪い価値観ばかりが尊重されていた気がする。

子どもたちが喜ぶゲームや漫画、アニメも多くの場合「友情」「やさしさ」といった耳障りの良い部分ばかりが強調されていて、とてつもなく甘い、ともすると食傷気味にさえなることも少なくなかった。

もちろんこの鬼滅の刃も友情ややさしさが沢山感じられるものだが、鬼だの滅だの刃だの、物騒な言葉が並んでいることからも想像がつくように、物語の背景は壮絶かつ熾烈、おどろおどろしくも残酷だったりもする、十二分にホラーな作品なのだ。

では何が、ここまでの大ヒットにつながっているのか?
それは、甘いたべものに塩を振ることでより甘さが際立つように、この作品の塩の部分である、厳しい言葉や姿勢、犠牲の精神にこそ最大の魅力があるように感じてならない。

守るから…。なんて言葉が随分とあたりまえになった日本に、本当に気持ち悪さを感じていた人間としては、この作品の冒頭部分に出てくるあるシーンに思わず拍手したくなった。

 

コロナ禍で浮き彫りになったように、世の中甘いことばかりではない。世界情勢を見ても、実は平和なんてものは砂上の楼閣のような脆さがある。
しかし、綺麗事では済まされないのも事実であり、多少の犠牲すらいとわない決意すら必要であることを世界中の人々は痛感しているはず。そうした時代背景も今回の映画の大ヒットにつながっているのかもしれない。

今回封切りされた初の映画化編「鬼滅の刃 無限列車編」は、泣ける映画として広まりつつあるのだが、それは決してスイートな「お涙頂戴」ものでは決してなく、ある種とても昭和のど根性モノにもつながる、叱咤と激励にも近いものからくる「感涙」の類であり、それを表現している制作陣と、声優たちの力作と言えると思う。

美しい映像とともに、非常に楽しめる映画である。
お子様がいてもいなくても、足を運ぶ価値はあると思う。

 

それではまた近々。

 

A prestissimo!!

 

 

Vol.165 クルマの時代ふたたび

このコーナーでもずーーーーーーーっと叫び続けていたが、日本の車離れは他の国と比べても顕著で、それは人のせいでなく、メーカーのせいだと言い続けてきた。
つまり、車離れではなく、メーカーによる若者無視だと。
しかし、まったくもって突然訪れたCovid-19によるコロナ禍で、事態は一変した。

東京のど真ん中でさえ、車に乗る人は増え(公共交通機関を嫌う人も増えた)、高速道路にも出張などの従来新幹線移動していた人たちによるクルマがかなり増えた。

 

 

 

何より平日も休日のようにレジャーに足を運ぶ家族連れが増え、クルマの需要も実際増えているという。

中でも気になるのが、若い子たちのクルマ利用である。
レンタカーやカーシェア(しかも一日乗るのにわざわざ高いレンタカーでなくシェアを使う気がしれないが…。)が増え、また中古車を買い求める若者も増えているという。

 

 

 

 

また、クルマと真剣に向き合う時間が増えたことが原因なのか、やはりデザインのいいクルマに目が向いているのも事実のようだ。

実際、都内や近郊、箱根などに「ちょっと古い」角張ったクルマやオープンカーに乗る老若男女が目立つ。

 

 

 

 

じっくりと趣味や、興味関心のあることに集中できる時間ができたからなのかもしれない。その点においては、とても本質的な価値に立ち返っているような気がするし、少しだけ日本人が健全になったのかもと思えるようになってきた。

これではやくコロナ禍が過ぎてくれれば言うことがないのだが…。

 

それではまた近々。

 

A prestissimo!!

Vol.164 Nike的 アバルト再び

先の8月末日、二台のアバルト限定シリーズがまたも発売開始となった。
一台は、2015年以来、実に第4弾目となるアバルトヤマハシリーズ。
その名も、Abarth 595Monster Energy Yamaha。
今回のコラボモデルは、MotoGPのバイクのカラーリングをしっかりと反映し、専用のシートなどと相まって、かなりの特別感を醸し出している。MotoGPファンにはたまらん仕様になっている。
ちなみに日本の車好きには想像できないだろうが、欧州でのMotoGP人気はものすごい。なので、2000台はすぐに終わってしまうかもしれない…。ご希望の方はお急ぎを。
もう一台は、かつて日本でも大人気を誇ったアウトビアンキアバルトA112のスペシャルモデル「タルガオーロ」のオマージュモデル「Scorpioneoro」だ。
Scorpioneoro=黄金のサソリだなんて、なかなかの名前を持っているが、そもそもアウトビアンキじゃないじゃん! というツッコミは当然無視である。(そもそもFIATだしね)
いい意味でおおらかに、ナイキのスニーカー化している500の限定記念モデルだが、そのどれもがなかなかの人気を誇っているのはすごいことだ。
そして、なにより両モデルともに、0-100km/h 7.3sec、最高速218km/hという十分過ぎる性能を持っているので、これまた実にお手軽にスポーツ気分が味わえるのが実にいい。
発売後10年を経ってなお最高の売上を記録する500シリーズ。
結局車って新しいのはいらないのか? なんて思ったりもしちゃうほどだ。
それではまた近々
A prestissimo!!

Vol.163 またしても新しいランチア・ストラトス

Picture courtesy by Guilherme Araujo

いつまでも過去を引きずるってのはもちろん潔くないのは分かっているが、
それでも現在の体たらくぶりをみるにつけ、良かった時代を振り返りたくなるのもそりゃそれで人情というやつかもしれない。
ギレルメ・アラウージョさんというデザイナーが、大胆にも過去の名物の一つと言っていい、あのストラトス、しかも今度はあのゼロを現代的な解釈のコンセプトモデルとしてデザインを発表した。

Picture courtesy by Guilherme Araujo

Lancia L Concept Homageという名のこのモデルは、かのストラトスの原型「ストラトス・ゼロ」に対するオマージュモデル。70年のトリノショーでデビューしてから50周年にあたる今年に発表された。
これまでのストラトスオマージュ物はほぼほぼ、プロダクションモデルをオマージュしたものだったが、ついに「原型」をオマージュしたものが登場したというわけだ。

Picture courtesy by Guilherme Araujo

創業114年という老舗かつ、数多くのタイトルを手にしてきたイタリア自動車界の最重要ブランドにしては、本当にここしばらくの体たらくぶりには目を覆いたくなるばかりである。(もちろんこれはFCAグループの方針なので、誰が悪いというわけではないが)

Picture courtesy by Guilherme Araujo

そんな中、数多くのモデルが期待と夢を込めてCG化されているが、今回のコンセプトもその一環。
しかし、ストラトスにせよデルタにせよ、これだけ大の大人が手間暇とお金をかけて自分たちなりの願いを形にしているのだから、そろそろその重すぎる腰を上げるときが来てるのではないかと思うのは私だけだろうか?
ファンには申し訳ないが、アストンマーチンやブガッティがあるなら、ランチアがないのは本当に嫌がらせとしか思えない。(他意はない)
みなさんはどうお考えだろうか?
https://youtu.be/uWPoFY2toCI
それではまた近々
A prestissimo!!

Vol.162 FIAT UNO TURBO

最近パンダやら、デルタやらを取り上げてきたが、特にバブルの頃活況だったイタリア車事情において、主に当時の20代などの若手にまずまず注目されていたのが、ルノー5ターボ、プジョー205GTI、そしてこのウーノターボだった。

 

ルノーやプジョーはちょっぴり高級というか、80年代なかばまではラリーカーとして一斉を風靡していたので、どうしても格上感があった。

 

一方ウーノといえば、これまさにファミリーカーのど真ん中という印象が強く、たとえターボで時速200キロ出ると謳って入るものの、チープな内装(初期型はやたらダッシュ周りがガタついた)や、結果的にちょっとだけ安い価格などいろんな要素があって、少々格下感があった。

それにつけても、今から考えるとバブルというのは、本当にキラキラ、フワフワしていて、たかが学生の私ですら、当時はこれら三台のカタログと真剣にニラメッコし、ローンの算段を組んでいたものだった…。「あー、やっぱりウーノが現実的かあ…。」などと、随分な高飛車だったことをよく覚えている。

 

そんなウーノのモデルイヤーは83年から95年まで続いたのだが(イタリアでの話。ブラジルなどでは長いこと作られた。)、その後はすごいスピードで姿を消していった。イタリアの大衆車は、特に地方では息が長いのが特徴的なのだが、同時期のパンダと比べるとあまりにも早く姿を消したのはいったいどうしてなのか今を持ってわからない。

個人的には89年後期のフェイスリフト版よりも、断然初期型のファンなので、今見てもさすがジウジアーロといった感じがするのでとても好きである。(上のモノクロは後期型)

 

 

今じゃイタリアのどんな田舎町でも見かけなくなったウーノだが、ここに来てターボモデルが本国イタリアで高騰している。

そもそも、空飛ぶ棺桶とかいろんなことが囁かれるような、暴れん坊のターボくんだが、当然ながら魔改造のベースとして一定の評価をこれまでも受けていた。しかし、それはあくまで安いからできた話であって、今回の高騰とは結びつきづらい。

 

ちなみに現在のイタリアでの相場が180万円ほどもするのだ…。
ちょっと考えられないというのが正直なところである。ひょっとしたら日本の方が安くてイイ個体が残っているかもしれない…。

 

乗れば痛快なウーノターボだが、やはりイタリアの若者たちもコロナのストレスが半端ないのだろうか?

 

 

それではまた近々。

 

A prestissimo!!

Vol.161 たのしい車、たのしいデザイン


これがあるからラテン車に乗る…。
そんなこといわれなくてもわかってるという方々がほどんどだろうが、それでもやっぱりラテンの車ってのは、乗ってよし、見てよしのたのしいクルマである。
その点だけは、いまだ他の国の車たちとは明確な差がある。

 

 

それでも昔と比べると随分と普遍性が上がったというか、欧州車全般が均一化されたのは事実だが(VW傘下に入ったり、プラットフォームの共通化など)、それでも各ブランドの個性や主張というのは、いまをもって非常に強い。

 

 

フェラーリやランボ、ブガッティなどのスーパースポーツブランドは別として、フィアットやプジョー、シトロエン、ルノーなどの市民のアシ的な車をメインとするブランドのクルマたちには、今なお独特の血が流れていると言わざるを得ない。

 

日本に1000円以下のランチを提供する飲食店が星の数ほどあり、かつどれも結構なクオリティがあるのと同様に、ラテン諸国のアシには独特の楽しさと満足感がある。

ドイツの車ももちろん素晴らしいのだが、彼らとて、ラテン勢の領域で勝負していないという気がしてならない…。というか、勝負どころは別にあると踏んでいるのだろう。現にシトロエンのC4ピカソなどは、本当に欧州すべての国でよく見かける。その点ではVWなどの比ではない。

 

 

コロナで車の依存度が増えると言ったばかりだが、これからは本当に個性や、一緒に過ごして楽しいかどうかといった「感性」の部分がとても重要視される時代が来る気がしてならない。
きっと、いまがコロナで楽しくないから、その分、楽しいものを欲しがるんだろうけれども…。

 

 

Vol.160 コロナ禍の自動車動画事情

気づけば10月が目前という2020年。
新装された国立競技場を見るにつけ、一体どれほどの熱狂が本来あったんだろうか?なんて物思いに耽ったりする。

 

それにしても長いコロナの影響だ。そのおかげかYoutubeに対する依存度が劇的に上がっている。

以前から人気のあったチャンネルもあるが、それでも海外の自動車関連に比べるとおとなしかった日本のチャンネルが、やはりこの状況下で一気に活況をみせている。

 

 

 

そんな中、SuperGTでもおなじみのベテランドライバー、谷口信輝さんのチャンネル
を楽しませてもらっている。

私がどうこう言うような、そんなおこがましいつもりなんて毛頭ないし、非常に人気の高い方なので当たり前なのだが、とってもケレン味のない、ニュートラルで純粋に様々な角度から車の魅力が伝わってくる。

 

 

 

 

最近では、あのランボルギーニ・カウンタックのオーナー体験というのがあるのだが、あんまりいうとネタバレになるのでここでは控えるが、実にリアリティがあって実に楽しい。
個人的には大好きなTOYOTA SPORT800のレストモッドがこれからどうなるかが非常に気になるところですが、いずれにせよぜひ一度ご覧いただくことをおすすめしたい。

 

コロナ禍により、都内はもちろん高速道路でも以前よりも多くの車を見かける昨今。
こうしたコンテンツでどんどん車が注目されたらいいなと本気で思う今日このごろでした。

 

 

それではまた近々。

 

 

A prestissimo!!

 

Vol.159 日本の免許制度って…。

最近ふと見たテレビで、人気の若い女性芸能人が免許証を持っていないことを悔やんでいるが、一方自動車教習所には通いたくないという…。

まあ、そりゃそうだろう。あのシステムなら一体いつになったら免許証がもらえるのかわかったもんじゃない。番組やCM、雑誌などさまざまなメディアで引っ張りだこな彼女に、悠長に教習所に通うような時間があるとは思えない。

前々から非常に気になっているが、世界的に見ても日本人の運転技術など相当低いし、あおり運転の問題も含めて、そのマナーもたいてい褒められたものではない。

多くの渋滞の原因だって、実は周りを考えない身勝手なスロードライブだったり、ブレーキングなどの細かい操作だったりもする。

いまや猛スピードにあこがれて自動車に乗る輩などほんの僅かだろうし、もっともっと便利で楽しい車に身近であってほしいというのが、メーカーも政府も、そして消費者である我々誰もが考える共通のメリットじゃないだろうか?

 

自動車教習所関係者の皆さんには申し訳ない言い草だけれども、時代としては、やはりみんなに車に乗ってもらうということを最優先にしたほうが間違いなく世のため人のためだとは言えないだろうか?

 

 

 

そもそも、車の運転など大した技術を要するものじゃない。
でなきゃ世界中のみんな天才ってことになる。誰だって車を運転できるんだ。
少なくとも日本の交通標識など、相当簡単だし、規制だって欧州なんかに比べれば遥かに少ない。

 

若者に影響力のあるモデルさんだし、是非とも運転免許など簡単に取れるということを世に示してほしい。

 

それではまた近々。

 

A prestissimo!!

Vol.158 いまさら? ハイブリッドの波

イタリアやフランスにプリウスが入ってきてからもう10年は経つだろうか…。
ようやくという感じで真打ちとも言える人気車種500のハイブリッドがいよいよ路上にデビューするようだ。

おりしもコロナ騒ぎが始まる頃に試乗会などがあったせいで、なかなか霞んでしまった感があるが、ようやくという感じだ。

ただしプリウスから想像するものとはかなり異なるマイルドさで(なんちゃってともいう)、通常のエンジンモデルに対してのCo2排出量は3割減程度。燃費も公称では25km/lくらいのようだ。

 

 


積極的にエンジンを休ませるといった感じのハイブリッドなので、0/100km加速も14秒を切る程度の普通のもの。気になるお値段はというと、

もっとも廉価なバージョンのPOPで11,600ユーロ、ちょいとおしゃれかスポーティなLoungeとSportが13,100ユーロ。その上の若めなStarとRockstarが14,600ユーロとなり、おそらくイタリア以外の各国で扱われるかもしれないLaunch Editionで15,600となっている。

日本円にすると140万〜200万といった感じか。
実際、イタリアでは優遇減税というか環境補助みたいなカタチで4000ユーロ近くの補助金がでるので、まあまあお得かな。

 

※街の真ん中で会いましょう! というコピーだが、ハイブリッドやEVのようなローエミッション車しか都市中心部にアクセスできないというイタリアの現実が読み取れる。

 

でも、それならより走行できる場所が増えるEVバージョンを待つ人もでるのでは?
ただ、充電がなあ…。

まだまだ自動車のエンジン問題は続くようだ。
それより、このパンダのほうが見た目的にも気になるのは私だけだろうか?

 

それではまた近々。

 

A prestissimo!!

Vol.157 500じゃなくてPandaが一位?

売上の話ではない。
今、イタリアで一番盗難に遭うクルマの順位が発表された。

イタリアの有名紙によると、2019年度の盗難車台数は95,403台。ちなみに日本はたったの7,143台。(ちなみに日本も2003年には6万台以上のクルマが盗難されていた)もちろん日本は海に囲まれているので海外に持ち出すにはあまりにも足がつきやすいというのもあるが、その点大陸のイタリアは不利である。

ちなみに3万台以上は24−36時間以内に戻ってくるという。それでも6万台は盗まれてしまうという計算だ。

ちなみに人気(?)一位はFIAT PANDAで11,299台。500(ベルリーナ)が7,989台。三位にはプントが続き6,664台。四位にはランチア・イプシロンが4,540台と続く。

盗難してまで窃盗団が手に入れたいクルマが500じゃなくPandaというところに、自動車大国たるヨーロッパの深みを感じる。ちなみに日本ではあまり人気のない現行モデルだが、未輸入のロングホイールベースのLをはじめ、その使い勝手やお手頃感でなかなかの人気を誇るのがPanda。

しかし、なぜかナポリでは90年代のSeicentoが未だに人気らしい(もちろん盗難対象として)。

 

この「Seicento(セイチェント)」と聞いてピンとくる人すら少ないかもしれないが、文字通りクラスの中でも目立たない、同窓会でもまったくその名前と顔が一致しないような地味なクルマがセイチェント。

90年代後半に登場したCinquecento(500ではなく数字をイタリア語で書くシリーズ)と同期。ちなみにセイチェントは600の意味。先代とは似ても似つかない、凡庸なデザインながら、実はいまだにイタリアの各都市には居なくはないという不思議なクルマ…。

まさかとは思うが、盗まれてもダメージが少ないから人気なのかもしれない…。(んなわけはない)

 

それではまた近々

 

 

A prestissimo!!

Page Top