HOME >  コレツィオーネTV

Vol.213 欧州でのロック人気

ヨーロッパでの英語圏というのは、母国語という意味ではいうまでもなくイギリスのみになる。

しかし世界的に売れている音楽のほぼすべてが英語なので、その意味では欧州でのロックは日本におけるロックと同じ感じである。つまり、邦楽と洋楽が存在しているあの感じである。

イタリアは、まあポップスは当然のことながら、ことのほかプログレッシブロックやハードロックが人気な地域。

アメリカン、ブリティッシュ問わずピンクフロイドやジェスロタル、キングクリムゾンやジェネシス、YESなどは超絶人気を誇る。

さらに、ハードロックも非常に人気で、ブラックサバス、アクセプト、アイアンメイデンなどなど、日本でも人気のあるモノは彼の地でも大人気である。

毎年春を過ぎると夏にかけて、たくさんのフェスがあり、日本ではとんとお目にかかれないレジェンドバンド達のライブをたくさん見られたのは、まさしく僥倖に尽きるといった感じだった。

そんな中、気になる情報が…。
コロナ禍直前の日本公演も肺炎で突然キャンセルとなった、オジー・オズボーンさん。(私は大ファンなのでさん付けだ)

22年に予定されていたジューダス・プリーストとの競演を23年に延期というニュースが飛び込んできたのだ。

理由は欧州圏内でも貨物輸送のトラブルが多発しているので、それが円滑なツアーを阻害するとのことだが、くれぐれもご本人の健康状態が理由でないことを祈るばかりだ。

オジーさんはアメリカ在住とはいえ、元ブラックサバスのイギリス人。
いろんなヒストリーをお持ちの御仁だが、紛れもなくとてつもないオーラを持つ、本物のスターなだけにいろいろ心配してしまう。

当の本人も70を過ぎているわけだから、正直引退したいのもあるだろうが、ファンとしては「最期の雄姿」をいつ見るのかというのは、非常に大きな問題なのだ…。

エディ・ヴァンヘイレンやチャーリー・ワッツが亡くなっているので、余計なことを考えたくないが、とにかく元気な姿をまた拝みたいモノだ…。

 

 

それではまた近々。

 

 

A prestissimo!!

 

 

Vol.212 新しい生活様式??

コロナ禍で良く聞かされたこのフレーズ。
公共の交通機関を嫌う意味か、抑圧からの解放が目的なのか、とにかく自動車の交通量が一気に増えました。自動車だけじゃない、バイクも本当に増えました。

 

誤解を覚悟で言いますが、「若者の車離れ(バイクなんかもっとひどかった)」なんて言われていたのはつい最近です。それがどうでしょう?

 

 

 

そのころまでの日本の自動車をとりまくムーブメントは

「エコ」「ファミリー」一辺倒。

 

乗って楽しいとか、冷静に停まっている姿を見てニヤニヤするとか、子供がお絵かきしちゃうとか、目的地を持たずにどらいぶにでかけるとか…。

せっかく「乗り物」とはいえ家族の立派な一部なのに、冷蔵庫や洗濯機のような家電レベルしかないバディ感に成り下がっていたのは事実だと思います。

 

ところがコロナのおかげで(さすがに語弊ありますが…。)じっくりと趣味や家族、人生と向き合う時間が皮肉にも増えたおかげで、車にも多様性が求められ、バイクや自転車まで含めた本来の「移動とその意味」についてみんな考え始めてきているように思えます。

 

町では格好良さや豪快さを誇示するハイパワー系、500やパンダ、2CVやMINI、デザインの優れた可愛らしい車たち。そして何よりドライブが楽しくなるオープンなどが目立つようになり、時計の針が20年以上も昔に戻ったかのような感覚すらしています。

 

 

国産新車でも、はっきり言って本格四駆なのに大ヒットしているジムニーだったり、欧州車でももともと快調だったルノーのカングーや、後を追うように日本にやってきたライバルのベルランゴもますます絶好調。

 

やっぱり、自動車は楽しくなきゃ…。

そんな感じに徐々にですが戻ってきているのが、とっても嬉しい今日この頃でした。

 

 

それではまた近々。

 

 

A prestissimo!!

 

Vol.211 11月27日は…。

そんなこと言われても、誰かの誕生日か?
くらいにしか思えないでしょうが、1906年のこの日に生まれたのがランチア社なんです。

以前は50年単位、そして10年単位、さらには5年単位で刻んできているイタリアのアニバーサリーものですが、今年の11月27日でなんと115歳を迎えたことになります。

日本ではすっかりご無沙汰なランチアですが、イタリアではまだまだイプシロンをはじめれっきとした存命ブランドです。

 

 

 

このコーナーでも度々触れていますが、FIATグループ本体のFCAがフランスのPSAグループと合体してステランティスになったのはご存じかと思いますが、コロナ禍さえなければもっと早く何らかの形で、この20年ほど冷や飯を食わされ続けているランチアブランドの、わかりやすい形での復活があったかと想像してしまいます。

 

 

 

デルタなどの復活が取り沙汰されていますが、時代に振り回されない骨太な独自路線の車たちでファンを虜にしてきたランチアの「真の復活」を望んでやみません。

個人的にはプリズマのような、いまだからこそキチッとしたセダンが欲しいところですが…。w

 

 

ちなみに日本では実はダイハツが同い年…。トヨタや日産よりもずっと古いんですよね…。
もっときっちりとブランディングすれば良いのになあなんて余計なお世話もしたくなる次第。

 

なんにせよ、歴史は大切。
続ける努力と認められ続ける力は一番評価されるべきだと思いますが…。

 

 

それではまた近々。

 

 

A prestissimo!!

 

Vol.210 パンダ、ナポリの悲劇

©calcionapoli24

ナポリは怖い。
半分は都市伝説、半分は事実。

ナポリタンが有名なおかげで、それこそミラノやローマと並んで有名なナポリだが、美しい景色や美味しいピッツァや魚など観光名所としても、今更わざわざ言う必要もないくらい素晴らしい街である。

 

一方でイタリア国内でも「ナポリはね…。」という感じも結構あるのも事実。
実際怖いから行かないというイタリア人も結構いる。
ナポレターノ(ナポリ人)の話すイタリア語は、歴史的な背景によりフランスやスペインの影響が強いおかげで、いわゆる標準イタリア語とはかなり響きが異なるというのも理由の1つかもしれない。

少なくとも数年前までは、クルマに荷物は置いていけないし、キーをかけるだけでは足りず、ハンドルロックをしないと特に安いクルマは簡単に盗まれる。

 

 

そんな中、2021年のこの時代に、サッカーセリエA、強豪ナポリの監督スパレッティさんの「FIAT PANDA」が盗難に逢った。
ナポリといえばかつてはマラドーナを擁し一世を風靡し、今もイタリアを代表する強豪として名高い。

そんなチームの監督が、文字通りイタリアの国民車ともいえるパンダというクルマに乗っていることも驚きなのだが、一方でナポリの本当の怖さを証明しているのかもしれない。
「負けたくせにこんな良いクルマ乗りやがって…。」的なことは、どこの世界でも起きうるやっかみではある。

 

 

ちなみに、盗まれた彼のパンダはブルー。ナポリの青であり、イタリア代表の青である。なお、イタリアのレジェンド、ロベルト・バッジオさんも現在141パンダの四駆を愛用している。(娘さんのインスタグラムより)

ホテルの地下駐車場に停めなかったということもあるが、それにしてもまさかパンダが盗まれるとは…。
とは、被害者のスパレッティさんもそう思ったらしい。

実に年間10万台、一日にして300台のクルマが盗難に遭うイタリア。
そのうちナポリは何台なのかは、調べたくもない事実であるが、今回のパンダの盗難は実はナポリではなく、彼らの仇敵ユベントスとの試合のために訪れた敵地トリノで起きている。

今後ナポリでどんな悲劇がユベントスの選手のクルマに起きるのかが今から気が気ではない。不謹慎だが続報を待ちたい…。

 

 

それではまた近々。

 

 

 

A prestissimo!!

 

 

それではまた近々。

 

 

A prestissimo!!

 

Vol.209 アルド・ブロバローネを知っているか

昨年94歳という大往生でこの世を去ったアルド・ブロバローネ氏。
この名前を聞いてピンとくる方はかなりのイタ車エンスージアスト。

でも、作品を聞けば誰もが知っているという重要人物である。

常に世界の美しい自動車を競うたびベストテンには名を連ねる、あのディノ206GT(246GTの元)のデザイナーなのである。

 

 

©Ferrari S.p.A.

日本ではどうしてもピニンファリーナがデザイン!
という響きばかりが先行しがちなこのクルマだが、ご存じの通りピニンファリーナは会社名だ。
いわゆる当時のピニンファリーナの「中の人」とは、このアルドさんと、512BBなどスーパーカー時代に一世を風靡したフィオラバンティさんだったのである。
ちなみにアルドさんはF40まで、つまりフェラーリ黄金時代をほぼほぼ担当した重要人物でもあったのだ。

 

 

ワクチン効果でコロナ禍パニックが収まりつつあるイタリアでは、彼の一周忌の意味も含め、アルド・ブロバローネ展をトリノの自動車博物館で去る10月12日に行った。

 

彼の傑作はディノやマゼラティA6CGSが挙げられるが、日本では未輸入だったランチア・ガンマクーペも特筆すべき作品のひとつ。非常に洗練されたデザインは、いまもイタリアで高い人気を誇る。

 

今回の一周忌は、そのガンマクーペクラブイタリアが当時のカラーラインナップをそろえるという見事な演出のもと、生みの親の追悼イベントを行ったわけだ。

こういうところにイタリア人の自動車に対するただならぬ愛の深さを感じる。

 

 

いま見ても非常にモダンで切れ味のあるデザイン。
ヤングタイマーと呼ばれる70年代以降の旧車の中でも珠玉の出来である。
安全対策などの問題で、こういった繊細で美しいデザインを作ることが難しくなった現在。

 

だからこそ、あえて乗ってみたい一台ではある。
皆さんはどう思われます? このデザイン。

 

 

それではまた近々。

 

 

A prestissimo!!

 

Vol.208 また???

またしても…。

そんな表現がふさわしいのだが、今回ばかりはさすがに同情を抱かずにはいられない。そう、イタリアの空の顔、アリタリア航空が三度目の正直破綻をしてしまった。

 

 

 

アリタリアといえば、スポーツイタ車好きには外せない重要スポンサー、ある種の調味料ともいえる重要なグラフィックだった。

 

 

さすがイタリアと言わざるを得ない抜群のグラフィックセンスは、ランチアストラトスやFIAT ABARTH 131ラリーなどであまりにも有名。

 

 

 

 

つい先日ともいえる7月にローマ直行便が復活したばっかりなのに…。
前回はテロ、今回はコロナ。災難続きとはいえるが、正直グラフィックセンス以外は非常に評判がよろしくなく、荷物のロストは多いわ、ストなどのトラブルなどは日常茶飯事だったので、ある意味当然の結末なのかもしれない…。

 

ローマなどイタリアの空港に着いたとき、このアリタリアカラーの作業車がたくさん走っていて、それはもうアゲアゲな感じだったのに…。

 

はやくコロナ禍が収束して、イタリア直行便が増えたら良いのにと願うばかりだ。

 

それではまた近々。

 

 

A prestissimo!!

Vol.207 イベントがボチボチと…。

コロナ禍一過?
いや、なかば諦めとも、慣れともいえる感じで世界各国でいろんなイベントが再び始まりつつある。

大熱狂だった欧州サッカーの祭典「EURO2020」を皮切りに、ある種実験的にではあるが、欧州のイベントも制限付きでこそあるが徐々に再開し始めている。

そんな中、つい先日いまやイタリア最大といってもいい自動車イベント「アウトモトデポカ」がはじまった。
ウチのスタッフも買付を兼ねて早速訪れたが、いわば業者日ともいえる平日にもかかわらずなかなかの人出があった。

来場者も出展者の数も、もちろん2019年と比べるべくもないが、それでもあれだけの犠牲者を出したイタリアにしては頑張っていると言わざるを得ない。

 

 

アウトモトデポカのPV

 

 

名物のパーツショップ達も、例年通りとまではいかないまでも、老舗は元気に軒を連ねていたし、いまや携帯でビデオ通話ができるおかげで、日本とイタリアでお互いの無事と久々の再会を祝えた。

 

 

© 2021 – Padova Hall SpA Tutti i diritti riservati

このグラフを見てもおわかりのように、2010年を過ぎた頃から加熱し始めた欧州の旧車ブーム。以前からこのコーナーでもお伝えしてきたが、牧歌的にいろんなクルマを物色できたそれ以前とは異なり、2019年などは13万人の人が訪れるマンモスイベントとなってきた。

 

 

日本でも最近では人気芸能人、千原ジュニアさんのYoutubeチャンネルでも、彼がFIAT 600 Multiplaを購入!なんて事がYahooニュースなどでも話題になったりと、何かと脚光を浴びる旧いイタリア車。

コロナ禍のおかげで、レストアをはじめる若者も増えているという。

日本でも、こういうイベントやムーブメントがどんどん広がっていってほしいものだ。

 

 

 

それではまた近々。

 

 

A prestissimo!!

Vol.206 セダンが来るでしょ?

私はセダンがクルと思っている。

事実、東京の靑山通りなどでは80年代のセドリックやボルボ240など古め「ザ・セダン」なクルマが非常に多く目に付くようになった。
イタリアでもちょっと前から旧いセダンが増えた。

差し支えがあるかもしれないが、結構な確率でオシャレな人(意外と若者が多い)や美人が多いのが気になるところだ。

乱暴に言えば、オシャレ好きの多くはあんまり人とカブりたくない。
悪目立ちは嫌だけど、センス良く際立ちたいというマインドが強い。
あからさまよりは、さりげなくと言うべきか…。

まあ、良くも悪くも「人と違う」という部分をいかにアピールできるかということに対して、とても熱心な人種であることは間違いないだろう。

 

 

そんな彼らが一目置くのが定番である。
Tシャツ、ジーンズ、チノ、コットンのシャツにシンプルな革靴やスニーカーetc.
よくできた定番を軸に、個性豊かなコーディネートをしていくというのが、標準的な「オシャレ」と呼ばれる行為の基本だと思う。

その意味では「セダン」という存在はかなりの定番といえる。
構造上のセダンが存在しているが、デザインという意味では、空力という言い訳を伴い、ずいぶんと中途半端なものばかりになってしまった。

よく言えば正常進化。
悪く言えば非定番化。

 

 

ところが、80年代くらいまでのセダンは、やはり世界的にも定番としてのデザインが厳然たる常識として存在していた。
横から見れば誰もがわかる3ボックスになるアレだ。
ここでいうセダンとは、その「ザ・3ボックス」のことだと思って頂きたい。

セダンは襟付きのシャツのように、中に乗る人を「キチッとしたもの」に見せる力がある。
別にロールスロイスでなくとも、メルセデスベンツのSELでなくとも、プジョーでもフィアットでも、セダンであればレースアップのプレーントゥのような理知的な感じがある。

組み合わせ次第では、とてもオシャレなアイテムになるのだ。

 

 

 


コロナで時間ができて、いろんなものをじっくりと選べるようになった昨今。

どうせならカッコイイ、楽しい、かわいいクルマ、に乗りたい!

という当たり前の欲求が今まで以上に強くなってきている。

中古車の売れ行きが好調なのに加え、さまざまな旧車に脚光が集まりつつある。
先のボルボ240などが典型例だと思うが、これからもっともっと端正なセダンというものが見直されると思う。

それではまた近々。

 

A prestissimo!!

 

 

Vol.205 過走行について考える

日本の中古車界には過走行って言葉がある。
そのまま訳せば、走りすぎたクルマってことだろうが、使い捨ての部品じゃあるまいし、ちょっと工業製品なめんなよって感じのワードだと個人的には思っている。

改めて言うまでもなく、自動車の部品には消耗品というものがあり、遅かれ早かれ交換が必要であると最初から謳っているパーツで構成されている。

ところが、インジェクターに詰まりが出たとか、プラグコードが劣化したからとか、500万も600万も出したクルマが、たかが1万円くらいのパーツでその一生を終えてしまわなければならないような「寿命」に直面するなんてことはあり得ない。

 

 

 

今手元に今年生産された最新型の取扱説明書があるわけではないので、これまでの知識でしか言えないので、もし間違っていたら申し訳ないのだが、必ずクーラントは何キロで交換、タイミングベルトをはじめとするベルト類のチェックは○○キロで…。
なんて書いてあるはずなのだ。

確かに日本の道路事情は、例えば信号待ちがほぼなくなりつつあるヨーロッパ(よほど大きな道路以外、ほとんどがラナバウト型式になっている)に比べればストップアンドゴーが多いかもしれないが、そんなことの対応くらい一流メーカーならすべてすませている。

 

 

そもそも、日本で走るクルマのほとんどが、世界レベルで言えば全くもって「走ったウチに入らない」程度の走行距離のものがほとんどだ。
それ故、例えばランチア・デルタ・インテグラーレのように日本で人気の高かった車種が世界的には信じられないほどの低走行(25年を経過して3万とか5万キロ程度)で手に入るということで、イタリアのバイヤーなんかはちょっと前から目を付けていた。

じゃあ、いったいどのくらい走るのか?
安価なイタリア車でも10万20万くらいは走るし、それが嘘だと思うならネットで検索してもらっても良いくらいだ。もちろん使用上の注意をよく守っての話であるが、普通にしていれば全然OKだ。でなきゃとっくに自動車文化なんざ破綻している。

 


ちなみに大概の場合、シートのアンコが駄目になる。
面倒くさがり屋は簡易のシートカバーや座布団でごまかすし(COOPなどのスーパーで普通に売っている)、ネットやノミの市なんかでも普通に売っている。

コロナ禍で増え続ける中古車。
ネット動画でも信じられないくらいDIYのムービーが人気を博している。
きまったメンテさえしていれば、自動車なんてよほどのことがなければ10万20万キロくらいは、簡単に走るのになあ…。

モータージャーナリストのみなさん、ちょっとそろそろ過走行とかいう言葉に異を唱えてくれないですかね?
50万キロとか超えるとさすがに過走行って言ってもいいかもしれないけど、8万10万キロで過走行だなんて…。

 

それではまた近々。

 

 

A prestissimo!!

Vol.204 マリトッツォとフィアット・パンダ part 2

 

 

実は世界的に評価されているのに、日本ではなぜか不遇を託ったフィットパンダ169、通称ニューパンダの第二回だ。

前回、いま日本で流行の兆しのアルイタリアンスイーツ、マリトッツォを引き合いに出し、ヨーロッパであれほど人気があったのに、日本での169のあまりの不人気さに一矢報いるべく書いている。

パンチこそないが、経済的でよく走るエンジン。発売後15年以上経過しても実によく考えられたユーザーインターフェイスを持つ操作系や内装のデザイン。
タッチパネル、いやiPhoneすら流通していなかった2003年とは思えないほど、今のカーインフォテインメントに即したデザインだったりする。

エクステリアのデザインだって、デビューから20年近く経とうとしているけど、なかなか古くさくならない。さすがはベルトーネデザインである。

だのにだ。DENSO製の高性能エアコンがついているので、日本の夏すら快適なレベルが保てる。おしなべて冷房の弱い欧州車にとってこれ快挙としか言えないほどのイノベーションである。

ちなみに全世界で大人気の現行500はこのパンダがベースになっている。

 

141パンダでも評判が良かった四駆モデルも169には存在する。

実はこの4輪駆動モデルのヨーロッパにおける人気は強力で、イタリアのみならず悪路走行大好きなイギリス人の間で未だに高い人気を誇る。

こちらを見て頂ければご納得頂けると思うが、なんといってもあのレンジローバーと悪路走行を比較しても勝るとも劣らない上に、値段が1/10ときてるのだから人気も当然だろう。
もちろん遅いけど140km/hは出るし、よくクルマはアシ!という表現を聞くが、まったくもってその通りな一台こそがこの169パンダだといえる…。

その上シンプルでメンテも楽で多くのDIY動画もアップされている。おまけにエンジンは猛烈にタフで20万30万キロを超えるものも全く少なくない。ベンツじゃないのに…。
ヒットして当然という一台なのに。思い返せば日本はそのころプリウス全盛の、自動車砂漠時代だったか…。

それにしても日本での169のマイナー車っぷりは半端ない。
アルファのMiToやフィアットの500など、同時代の他のイタ車こそ見かけるものの、169パンダを見かけるケースはほとんどない。

 

 

 

ここまで169を推すのは、他でもない購入したからこそここまで語調が強いわけだが、登録で訪れた陸運局ではプロの車屋さんから
「あー、これフィアットなんすか? なんていうモデル? かわいいですね!」
なんて言われる始末。
どんだけ知名度低いのよ…。

 

日本人ではコンビニでも買えちゃうマリトッツォは、一部地域のイタリア人しか知らない…。
イタリア人で知らない者はいないほどの有名車両169パンダ。でもイタリア車大好きの日本人の間ではマイナー…。

 

まあ、いろいろあるもんだなあと思った次第であります。

 

Page Top