HOME >  コレツィオーネTV

Vol.064 欧州リポート2017第一弾

IMG_4158毎年同じ週に行われるので両方見に行く旧車ショー。
それがパリのレトロモビルとイタリアはトリノのアウトモトレトロだ。

一方はフランスの雄であり、こなたイタリアの自動車どころが誇る蚤の市。
しかし、昨年もこのコーナーでレポートし、前号でも散々煽っているように、欧州における旧車のショーは大きな様変わりを見せている。

 

 

 

 

IMG_3529希少価値のあるクルマ、レースヒストリーのあるクルマなどは高騰の一途をたどり、はては現状ブランドが維持されているかどうかも危ういようなランチアまでが今回の両方のショーで「Heritage」というブースを出す始末。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古い車をレストアするだけでなく、新しいネタとしてブランディングに役立てようという魂胆が丸見えな、もはやオークションやマニアを満足させるためのイベントだけではなく、重要なマーケティングの場所として変革しつつある。

おそらく今回の2つのショーについて細かく語ってしまうと、4月のあたまに控えている次なる大物、ドイツのエッセンのショーが始まってしまい、昨年同様このコーナーが旧車ショーと高値更新の報告ページになってしまうこと請け合いである…。

 

 

 

 

IMG_3561それでも止まらないのが、この世界の今である。
ちなみに今年は大人気カテゴリー。ラリーのグループBが廃止されグループAになって30周年。それだけでこれまでのグループBカーがまたしても値上がりし、グループAの初代王者にして現在もヤングタイマー世代の旧車で凄まじい人気を誇るランチア・デルタがさらなる価値高騰をみせようとしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

eBayでは日本の過去のインテグラーレの本が売られ、トリノではさまざまなチューンナップパーツも活況だ。

こうなりゃ、目に入るモノ、出来事を逐一ご報告していこうと思った次第。
文化的側面が最近損なわれているなと反省しつつも、これも重要な文化かなと割り切り始めたのも事実。
どうかお付き合い頂きたい。

 

 

 

Vol.062 パドヴァ part2

IMG_3208 (1)
振り返るとここ最近、やたらと旧車の価格高騰にばかり触れているが、やはりこのコーナーの性格上どうしても触れざるを得ない話題なのでご容赦いただきたい。

 

前回も予告したようにここは昨年2016年の北イタリア、パドヴァで毎年行われている旧車イベント「アウトモトデポカ」のレポートだ。

ここ1,2年の傾向として、とにかく希少性の高い車に高値がつく傾向にある。それはレーシングモデルしかり、戦前のモデルしかりで、とにかく手に入らないクルマにこそものすごい値段がついている。

 

 

 

 

IMG_2970市場原理からもそれはそのとおりなのであるが、完全にアートの域としてとらえられつつある旧車たちは、春のエッセンよりもさらにその色を濃くしていた。
わかりやすい現象といえば、来場者の多くがバイヤーと思われる人たちが急増しているということだ。

 

 

 

 

 

パドヴァは30年以上の歴史があるとは言え、少なくともイタリアによくある蚤の市の延長であることに違いはない。パドヴァという比較的富裕層が多く、さらにドイツやオーストリアに近いという地理的優位点を鑑みたとしても、やはり昨年の来場者にブリティッシュイングリッシュやフランス語が多く聞こえたのは、「時代」と言うものなのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3010売れるものが徹底的に買い漁られる…。
それがさらなる希少性を呼び、高値になっていく。
日本に多く生息している(厳密には「いた。」)ランチア・デルタなどその最たる例だ。いまや日本よりも欧州のほうが完全に高値になっているし、これからも上がるだろう。

 

 

 

 
旧車ファンにとっては悲しい出来事のように聞こえる部分もある一方で、ヤングタイマーと呼ばれる80年代あたりのクルマでさえ、そろそろ30歳を越えようという状況で、こうした市場高騰と価値向上は高いレベルのレストアを助長していることも事実だ。

 

 

価値があるからこそ、丁寧にレストアされる…。
つまりはより長く生きながらえる市場的素地ができるということなので、個人的にはこの状況を歓迎している。

何らかの事情、他ならぬ愛情で永らえてきた美しい車、楽しい車の命を、ここにきてさらに延ばすことができるというのは、ちょっとキレイ事にすぎるだろうか?

 

 

 

 

それではまた近々!

 

 

A Prestissimo!!

 

 

 

Vol.063 高騰!旧車番付2016

スクリーンショット 2017-02-20 10.11.00

 

高い高いと風評のように最近の旧車価格を煽るこのコーナーも、そろそろデータをお見せするべきと判断したので(遅い?)、2016年の大物番付を発表したいと思う。(ちなみにいずれもオークションでの落札価格)

¥で表示すると気が滅入るので、各自その日のレートで電卓をはじいてほしい。
いかに狂った価格が飛び交っているかがわかるはずだ。

第一位 Ferrari 335 Sport(1957) – €32,075,200
第二位 Jaguar D Tyoe(1955) –  €19,274,336
第三位 Alfa Romeo 8C 2900B Lungo Spider Touring(1939) – €17,552,123
第四位 Ferrari 250GT Spider California LWB Competizione(1959) – €16,062,000
第五位 Ferrari 250GT Spider California SWB(1961) – €15,433,040
第六位 Shelby Cobra 260(1962) – €12,168,142
第七位 Ferrari 250GT SWB Competizione(1960) – €11.947,000
第八位 Alfa Romeo 8C 2300 Monza(1933) – €10,531,000
第九位 Bugatti Type 55 Roadster(1932) – €9,203,540
第十位 Mercedes-Benz 540K Spezial Roadster(1937) – €9,082,570

 

あたかもサーバーのIPアドレスを打ち込んでいるような桁数だが、日本円にすればもっと多いわけで…。
10台中6台がイタリア車。最も若い? クルマでもコブラの1962年。また、これら10台のうち特に数の少ない競技車両が5台を占めるので、これまた希少価値に高値がついていることが伺える。

もちろんこれはオークションなので、今後の相場というところにどこまで影響が出るのかは不明だが、上位に付けるブランドは、これからのステイタスになることは間違いないだろう。なにより、こうした旧車の販売というものが、富裕者層相手のビジネスとして注目を浴びているのは間違いない。

次回はいよいよ昨年自動車史上最高額の取引が発生したパリのレトロモビル。まだまだお宝があるだろうトリノからお伝えする。

 

それではまた近々。

 

A prestissimo!!

 

 

 

 

Vol. 061 パドヴァ part1

AUTO_MOTO_DEPOCA_PADOVA_2016これまでにも何度か紹介してきた北イタリア、ヴェネチアのそばにある街パドヴァで行われる旧車イベント「アウトモトデポカ」に行ってきた。

 

 

2月のフランス・パリのレトロモビル
4月のドイツ・エッセンのテクノクラシカ
そして10月のパドヴァが欧州の三大旧車イベントと言えると思う。

 

 

 

 

 

 

いずれもそれなりの歴史があり、昨今の旧車価格高騰と相まって盛り上がりを見せている。
一時期はネットの普及もあり、レアな部品の価格が高騰し、イタリア生活の楽しみの一つである「蚤の市」感が薄れてしまうという側面もあったが、それを補って余りある旧車ブームにより多くの人でにぎわうようになっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2965今回は初日の平日の朝から出向いたのだが、それでも「君たち…。仕事は?」といいたくなるような人出。人気車種は前日の搬入日に業者間取引で売約済みとなったと思われる車両が結構見受けられる。

 

 

 

 

 

なんども伝えてきたことだけど、50年代60年代生まれの人たちが主役になりつつあるこの市場においては、今の車がどうにも魅力不足なんだろう、とにかくよく売れているし値段も上がっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2949放っておいても最新の車はどんどん便利になっていくだろうし、ともすれば都市部の運転すら必要でなくなる可能性もある。そうした背景から考えても旧車は「自分で運転する乗り物」という存在意義を新たに見出されつつあるのではないだろうか。
いまのうちに長く付き合える「自分だけの車」というものを確保しておいた方がいいのでは? と思わせられたパドヴァだった。次号では気になった車たちをフィーチャーしたい。

 

 

 

 

 

それではまた近々!

A Prestissimo!!

Vol. 060 謹賀新年

IMG_0125新年あけましておめでとうございます。

今年も皆様のカーライフが豊かであることを祈りつつ、政治や技術など様々な変革の年にもなりかねない2017年をなんとか生き抜いて行きましょう!

 

 

 

 

 

IMG_2778このコーナーも、昨年のパリサロン、そしてイタリアはパドヴァのイベントなどについてもリポートしている最中でしたが、今年はまもなく東京オートサロン、そして、昨年から始まったオートモビルカウンシル、そしてさらには奇数年なので東京モーターショーがあるなど、日本の自動車イベントも目白押し。

 

 

 

 

 

 

 

 

自動運転やら、電気自動車だのと「本当にそれってクルマの価値の本質なの?」というような相変わらず消費者置いてきぼりな感じの日本の自動車業界ですが、トランプ大統領による激変が予想されるアメリカの今後を考えると、やはり唯我独尊、世界の誰もが欲しくなるようなクルマを作っていかないと、ますます今後は苦しさが増すだけというような不安も口にしたくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1435いまさら言うまでもない大市場である中国でパイを取り合うのも重要な事でしょうが、それもまた一時的なこと。長い目で見たときに、個性なきものはどんどん淘汰されていくという厳しい世の中に、我が国日本が世界に誇る製造業は、本当にうかうかしていられない状況がさらに続きそうです。

 

 

 

 

 

 

 

引き続きこのコーナーでは、国内外の自動車イベントや、イタリアを中心としたヨーロッパの情報をお届けして行きたいと思います。

本年もよろしくお願い致します!

 

A Prestissimo!!

 

 

 

 

 

Vol.059 パリサロン part2

IMG_3181前回に引き続きパリサロンのお話を。

かつて5大モーターショーと呼ばれたパリサロンも、日本の東京モーターショー同様Aショーと呼ばれたその座を中国のモーターショーに奪われている。

AとB、具体的な違いは、ショーに各メーカーの役員が来訪するか否か。これが実は大きな違いがあることは想像に難くないだろう。市場原理主義なのでそれは仕方のないことなのだが…。

さて、そんな政治の話はさておき中身に触れたい。

 

基本は新車の発表会場なわけだが、毎回そのトレンドというのは変わっていく。
ドイツをはじめとするユーロ規制の煽りを受けた欧州自動車界にとってEVへの転換は急務。もちろんドル箱市場である中国もそのユーロに準じているわけだから、各社がEVに対する動きを見せるのは当然のことである。

 

 

 

 

 

 

fullsizeoutput_d51殆どのコンセプトカーがなんというか未だに電気ということで、やたらと白や青などの蛍光色っぽいカラーリングの、電動歯ブラシのようなデザインになりがちなわけだが、そんな中、「ぶっちゃけ電気で動けば、あとは質素でいいっしょ?」的なシトロエンのEメアリが注目されていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_273170〜80年代のシンプルなバギーというか、遊園地の乗り物的な簡易な内装は先代譲りとしても、2万ユーロという低価格と、気軽さを絵に描いたようなクルマこそ、これからのEVにふさわしいのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0037もう一つのキーワードはお約束の「コネクト」。
各社いろいろ出しているが、結局のところネットに繋がる機能を持ち合わせたクルマということなので、これまた市場的には「まあ、スマホとうまくつながってくれればOKです。」というような感じがありありと出ていて、そこんとこに今の自動車業界の葛藤が見て取れる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不況は人々の目を厳しくし、実際に必要な機能や性能についてはこれまで以上に厳しくなる。その意味で消費者のためのショー、パリサロンは、今年も猛烈な熱気に包まれていたのであった…。

 

 

それではまた近々!

 

 

 

A Prestissimo!!

 

 

Vol.058 パリサロン part1

salon-de-l-automobile-paris-mondial-2016-4b7acc-5@1x少し前になるがフランスのモーターショー、パリサロンへ行ってきた。

 

パリサロンという響きがなんとも素敵な感じだが、実際、「あのパリ」で行われる自動車ショーなので、ショー自体もさることながら街を楽しむという意味でも、毎度毎度わくわくしてしまう。
別に何がというわけではないのだけど、とにかくパリという街はアガる場所であることは間違いない。

そうした理由からか、周辺諸国からも奥さんや子供を連れてやってくるケースも多く、会場の男女比もなかなか拮抗している。

 

 

 

 

 

 

IMG_3146今回は不景気とテロにまみれたパリだったので、やや盛り上がりに関してはそこそこ心配していたのだが、なんのなんの、いよいよ上向き感が垣間見れるような人出で大いに賑わっていた。

街のそこかしこに機銃を持った軍人が警備しているのだが、そのせいかスリなどの軽犯罪が激減して、ある意味治安がいいとの地元の声も聞いた。

 

 

 

 

 

 

 

ショー自体はある意味で東京モーターショーなどと変わり無く、クルマがひたすら並んでいるという情景だが、大きく異なるのが「徹底的に触ることができる」という点だ。

子供が記念撮影しようが、ハンドルやシフトをガッチャガチャ弄りまくろうがお構いなしである。
ちなみに日本の電車にベビーカーで乗ってくるような幼児(乳児ではない)に比べれば遥かに皆さんお行儀がいい。

 

 

 

 

IMG_3202日本ももっと自動車に触れる機会を増やすべきだと強く思うのだけど…。
そうしないとせっかく子どもたちに標準装備されている「ブーブー大好き」の因子が駄目になってしまうと思うのだが…。

 

 

 

 

つづく

それではまた近々。

A Prestissimo!!

 

 

Vol.057 ちょっと怖い話

ラッジ市長前々回ご紹介したイタリアの若き政治家たちだが、早速いろいろと不具合が出てきているようだ。

 

 

 

 

 

 

日本を例に挙げるまでもなく、やはり大人の世界というのは「ドロドロ」としたもので、イタリアも映画「ゴッドファーザー」を例に挙げるまでもなく、その最右翼に位置する国の一つであるのはご承知かと思う。

 

正義感や正論で渡っていけるほど世の中は甘くなく、かといって闇から闇へだけでも成り立たないというのが「人の世」の現実。
実のところ「ほどほど」こそがよろしくやっていく上でのポイントなのかもしれない…。

 

 

 

話を前々号で紹介した女性初ローマ市長、ラッジ氏に戻そう。
彼女の「正義感」溢れる行動がいよいよ危険地帯に入りつつあるのだ。

 

 

そもそも彼女の所属するチンクエ・ステッレという政党は典型的左派に分類されるわけだが、より良くするために新しいことに挑戦…。というか変えていくのを命題としている。
一方で洋の東西は問わないのだが、変えるのはいいが「…なので、こうします!」が実に弱い。ある局面では「変わる」ことによる期待感を膨らませる一方で、実態が伴わない結果に終わってしまうことも多々あるのは我が国でもつい最近経験したばかりだ。

 

 

ゴミ問題その彼女、ローマの五輪立候補取り下げしたばかりだが、なんとゴミ処理事業やバスなどの公共事業にはびこる(はびこると言っちゃまずいか?)「不正らしき」ものにメスを入れたのだ。

 

ゴミ処理って…。数年前のナポリを例に挙げるまでもなく「その筋の方」が力を持っていらっしゃる領域。

あと、バス会社にも実は幽霊社員がたくさんいて…。

 

 

 

 

 

 

sciopero (1)それでも無事に回っていた事を止めてしまったもんだからさあ大変。バスは止まるは、ゴミ処理は止まるわ…。
無言の圧力というか、これは正論だけでは渡っていけない「何か」にぶつかってしまった事を意味している。
じゃあ、次、何が起こるのか?
ローマの人々は戦々恐々だと聞く。
世の中には不都合な真実がたくさんあるからこそ「大人の対応」が求められているのも事実。彼女、ちょっと血圧上がりすぎたのだろうか?

 

 

 

 

 

市議会からも離脱者が続くらしいローマ。
政党の支持が下がるだけで済めばいいのだが…。
「キジも鳴かずば撃たれまい」という言葉もありますので…。

あ、ちなみにシチリアと本土との橋など言語道断と拒否を続けていた若き首相レンツィも、つい先日「橋…。作りますか!」的な発言に翻った。

 

 

うーん。まだ若かったか?

 

それではまた近々

 

A prestissimo!!

 

 

Vol.056 サグラなるもの

sagra_del_cinghiale_suvereto_2015ようやく秋だ。
とにもかくにも食欲の秋。
「天高く馬肥ゆ」ってのは人間にとっても同じ。

 

 

 

別に急に食欲が湧くという意味ではなく、やはり美味しいものが収穫される時期なんだろう。緯度が日本と同じイタリアもまさにこの時期は収穫の時期である。
旬のものに勝る美味はなく、この時期のイタリアといえばやはり「サグラ」である。
サグラというのはイタリアで言う所の収穫祭。ちなみに似た響きの「サグレ」は収穫祭の複数形。意味は同じだ。

栗、きのこ、お肉、オリーブオイル…。
sagra-del-fritto-misto-sieciとにかくお祭りだ。
中には、これらひっくるめて揚げ物(フリット)にしてしまう、一切合切なお祭りもある。
言葉は悪いかもしれないが、ど田舎で行われるこれらのお祭りは、食べて飲んでが主体で、およそ都会の感覚からするとありえないクオリティと価格が楽しめる。
ひたすら食べては喋るという基本的コミュニケーションに加え、老人向けダンス会まで色々ある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
316781_2057131460163_7397656_n1日本で言う所の「村祭り」そのものであり、もちろん若い子達は「ダサい」という向きもいないわけではない。
確かに洗練とは程遠い世界だが、とにかく極上の食べ物にありつけるという意味では、やはり彼らも大人になると自然と足を向けるようになる。

 
イタリアに来て有名なレストランで舌鼓もいいのだが、食の都とも言えるイタリアの食材を味わい尽くすなら、この「サグラ」を巡るのもオツだと思う。

 

 

皆さんもぜひ!

 

 

 

 

それではまた近々!

 

 

A prestissimo!!

Vol.055 オリンピックというイベント

IMG_2628最近小難しい話が多いようで、ちょっと反省気味なのだが、割と大きなニュースとしてイタリアを騒がせているのが、またしてもオリンピックネタだ。

 

 

 

 

日本と違い、思い切って若者達に政治の舵取りを委ねているイタリアだが、その代表格が、現在イタリアの首相を務めるのは元フィレンツェ市長のマッテオ・レンツィ。30代半ばで市長となり、39歳でイタリアが史上最年少の首相になっている。

 

 

 

実は、またしても若い政治家がイタリアを騒がせている。
東京2020の次のオリンピック・パラリンピックの開催候補地として手を挙げているのがローマなのだが、最近何かと騒がしい東京の小池知事ではないが、大筋合意で進めていた五輪誘致を突如取りやめると市長が宣言したのだ。

その渦中のローマ市長はヴィルジニア・ラッジさん。またしても30代。しかも、ローマ市政初の女性市長である。

 

 
IMG_2627彼女は最近躍進目覚ましい野党「五つの星」所属で、与党であり首相のレンツィに対抗する立場なのだが、今回の誘致取り下げの理由が面白い。
「1960年ローマ五輪の借金がまだ残っているのに、どうしてまた借金ができるのか?」

 

 

うーん。
返す言葉もない。
さらに市民を苦しめるオリンピックを容認できないというのだ。
どこかで聞いた話だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元体育会としてはスポーツの祭典に対して、大いにYESなのだが、大人の目線でこのイベントを捉えた時、やはりどうしてもキナ臭さを無視できるほど若々しくは無くなってきているようだ。

東京五輪は是が非でも成功してほしいが、何をもって成功と言えるかを、いっそ誰か明言してくれないかなぁ…。

 

 

 

 

まあ、無理なんですけどね。
大人ですから…。

次はきっと明るいネタをご提供しますね。

 

 

 
それではまた!
A prestissimo!!

Page Top