HOME >  コレツィオーネTV

Vol.184 祝50歳…。

昨年、つまり2020年はFIAT PANDA 生誕40周年。
今年2021年はアウトビアンキA112のABARTHバージョンの生誕50周年である。

日本でカローラ生誕○○年なんて話題にもならない(イベントでは発表されてました)が、アウトビアンキのような今は消滅したブランドでさえ、イタリアでは大手新聞(La Repubbulica)の記事になる。

 

日本ではこの断然アバルト版がメジャーで、A112、いやビアンキといえばアバルトくらいの感じがある。そんなA112でさえ、いまじゃすっかり目にしなくなったわけですが(クラブの方、すみません!あくまで一般論です)、80年代後半にはかなりの数をみかけることができた。

 

権利の関係でアップできないが、かの鳥山明先生の愛車もこのA112で、「Dr.Slump」の中には原作、アニメ共々たくさん登場シーンがあった。

アバルト版であれ、ノーマルやエレガント、エリート、ジュニアというベーシック&豪華バージョンもいずれも実によくできたクルマで、男性女性問わず幅広い人気を博したという点でも、ある意味500にとても近い存在といえる。

 

細かいウンチクはWebで調べていただくとして、元オーナーである私からいえることは、極めてよくまとまったミニカーであるということだ。アバルトはボーイズレーサーとはよく言ったモノで、確かにやんちゃさを余すことなく感じることのできる、今存在しない類いのピリ辛の一台だった。そして、ノーマル版も所有していたが、こちらも非常にバランスが良く、キビキビと走るだけでなく、例えば雪山などでも高いトラクションとコントローラビリティで相当楽しめた。

 

とにかく、設計者&デザイナーのダンテジアコーサ氏の天才っぷりがよくわかる一台で、そのデザインは今をしてなお古くさくないし、何より、車内からの景色が楽しい。

 

車内が楽しいからドライブが楽しい。音楽聴いてもよし、仲間と騒ぎながらでもよし、とにかく「アガる」クルマである。

 

なかなか実車を見てその実力を…。といえないところですが、是非機会があればA112をその目で見て、実際に体験してみてください。

 

 

それではまた近々。

 

 

A prestissimo!!

Vol.183 ダサかっこいい…?

キレッキレのかっこよさはかっこいい。
でもダサい感じがかっこよくなることもある。

ブサカワイイなんて言葉はちょっとアレだけど、自動車にもそうしたトレンドというモノがあると思う。

 

 

上からコメントに聞こえるけど、昨今のレトロカーブームは大方の自動車関連マーケッターに赤っ恥をかかせるほど、実は結構若い子たちが牽引している部分もある。

もちろん、親がバブル世代以前で、その子供たちと考えればレトロブームもさもありなんという感じではある。
さらには、特にコロナ後に目立つハイパフォーマンスカーとあわせて、張り合うように旧車が増えているのも見逃せない。

 

 

これは、本来なら飲み屋で話すような内容かも知れないけど、こんな時代だからここで愚痴ってもバチは当たらないかもしれない。

愚痴ではなく、あくまで個人の感想なのだけれども、やっぱり今のクルマのデザインに皆飽き飽きしているというのが本音なんだと思う。

意外とセダンに乗りたがるおしゃれな若者がいたり、オープンカーだって正直再燃といってイイほどの注目の集まりっぷりだ。

一方で鳴り物入りのエコカーなどには、少々食傷気味というのが「今現場で起きてること」だったりする。

クルマって公共の景観の一部だったりするわけだから、やっぱりかわいいクルマが道に溢れて欲しい。

屁理屈ばっかりの溶けた飴ちゃんみたいなクルマばっかりの未来なんて、やっぱり私には受け入れられない…。

 

 

 

 

それではまた近々。

 

 

 

A prestissimo!!

 

Vol.182 素敵なフェラーリTOP3

車好きなら一度はこの話題で盛り上がったことはあると思うが、今回、NEWミニやフェラーリF430 、マゼラーティMC12などをデザインしたフランク・ステファンソンが、フェラーリ時代の自身の関与のないモデルにしぼり、お気に入りTOP3を自分のYoutubeチャンネルで発表した。

 

 

美しい映像と、まあ、好みは分かれるかもしれませんが、異論こそ湧き上がらないであろう美しいフェラーリたちが登場する様は必見。

 

 

こういう本音が聞けるのはYoutube時代だなあと思う反面、やっぱり現場の方々もこうした時代の車に思いを馳せているんだなあと強く思う次第。

 

事故が起きた時に現在の車はとても安全に設計されているけど、そもそもスピード出さないからきれいな形の車に乗りたいと思うのは私だけだろうか?

電動化されて静かになれば、なおのこと外装デザインで差をつけないと行けないと思うんだけどなあ…。

 

それではまた近々。

 

A prestissimo!!

Vol.181 娯楽のこれから

コロナ禍でストレスが…。なんて話は、耳にタコができるほどみなさんも聞いている話かもしれませんが、その解消法として、昨年からキャンプだのゴルフだのって、密がない感じのリクリエーションに注目が集まっています。

 

事実、世界的にアウトドアグッズやゴルフグッズの売れ行きが好調だそうで、記録的な売上やバックオーダーを抱えているなんて話も耳に入ってきました。そうなると、移動手段だって車にならざるを得ないわけだから、普通に買える新車や中古車も自然に売れ行きは伸びるでしょう。

 

 

ただ、いまのところ、アウトドアだったらワンボックスだのワゴンだのって話になりがちだけど、運転自体も楽しもうって動きも出るだろうし、スタイリッシュに楽しみたいとか、ちょっとMっぽくあえて小さくて遅い車でのんびりだなんてことも起きるかもしれない。

 

やっとのことで日本人が手に入れた「ゆっくりと進む」こと。
じっくりと自然と対話したり、景色のいい場所で本を読んだり、家族や動物たちと戯れたりすることもこれからは当たり前になるかもしれません。

 

それはそれで、良かったと思えはしないでしょうか?
釣り場が混むのはちょっといただけませんが、満員電車などでギスギスしすぎていた日本人が、これからちょっとずつ変わっていけば、きっと良い世の中になるのかもしれませんね。

 

それではまた近々

 

A prestissimo!!

Vol.180 レトロブームは心の叫び?

ここではずーーーーーーっと、旧いものの魅力について熱く語ってきたつもりだが、そのせいか(んなわけは絶対ない)、最近とみにビンテージだのレトロだのって言葉を世の中で多く目にする。

 

 

 

 

とくに日本じゃ、昭和レトロなんて言われていて、若者の間で昭和歌謡まで流行る始末だが、西暦になおせば80年代以前ということになる。
つまり、世界で同時多発的に起きているムーブメントであり、ファッションや音楽、映画などにその影響がつよーーーーーく出ているのは御存知の通り。

 

厳密にはレトロ(懐古)主義ではなく、良いものは良いという流れだとは思うのだけれども、自由だ便利だと言われてる現在にちょっと嫌気が差してるんじゃないだろうか?

 

いつも繋がってなきゃいけないみたいだし、言いたいことも言えるようで言えない世の中だし、実は結構ストレス溜まってたんだなと、コロナ禍の今とても痛感している。

 

正直な話をしちゃうと、いや、あえて言いたいことを言わせてもらうと、今のデザインは能書きと言い訳の塊のようなカタチで、見るものに想像力も浮かばせなければ、心を動かすようなものなんて微塵もない。

 

 

 

それを証拠に街なかを走る車でも、ランボルギーニのウラカンよりも旧いFIAT500の方が注目を浴びている。

 

ウラカンなんて、相当かっこいい部類だとは思うが、心に響くって意味では何かこう味が薄いんだよなあ…。Ferrariの新作ROMAでも、魅惑してやまないエレガンスを再現した…。なんてなことがリリースされてたけど、それ、エンツォが聞いたら殺されちゃうよ? 「エレガンテじゃないフェラーリなんてないぞ!」ってね。

 

みなさんはどう思います?

裸の大様じゃないけど、はっきり言うときっと集中攻撃を受けて殺されちゃうんだろうな…。こわいこわい。

それではまた近々。

 

 

A prestissimo !!

Vol.179 デルタ再び?(何回目だ!)

ランチア・デルタが帰ってくる。って初代(この場合79年発表のデルタを初代とさせていただきますが)から数えると四代目となる可能性が出てきた。

最近発表されたFCAとPSAグループの合併だが、シトロエンのDS4をベースにデルタを復活させるかもという話がイタリアで出始めている。

 

 

 

あくまで噂の域を出ないのだが、それでも「なぜか」FIAT系屈指の人気車両デルタを有効活用していないFCAだったが、今後はPSAの意向も入ってくるわけだし、今度ばかりはちょっとだけ期待しても良いのかもしれない。

 

 

 

 

正直、Bravo系プラットフォームを使用した三代目デルタは、初代デルタの軽快さとは無縁なものだったので、その意味ではしっかりとした走りがウリのDS4プラットフォームは歓迎すべき話かもしれない。

 

 

 

 

Image converted using ifftoany

なんであれ、そろそろランチアいじめはやめてほしいと強く願う。
ありゃいじめでしょ?
世界中のファンが嘆いているのに、あれほどいじめる価値が一体どこにあるんだろうか…。

 

それではまた近々

 

A prestissimo!!

Vol.178 スピードを出さない、出せない世界

 

 

てなタイトルではあるが、今回はスピード違反の話ではない。

といっても、実はこの年末は各所で盛んに「ネズミ捕り」が行われていたようだ。
冷静に考えると何がネズミ捕りなんだと思うスピード取締りだが、正直マイカーが増える路上では、これまで以上に財源確保としてネズミ捕りが盛んになるだろう。

 

かつてのネズミ捕り対策といえば、レーダー探知機などを買い求めるのが常識であったが、いまやスマホのアプリでもかなりいいものがあり、以前のように数万円を費やす必要がなくなった。

まあ、あくまで違反をしなければ良い話ではあるのだけれども、多くの場合制限速度で走ることに少なからずストレスを感じるのも事実である。
つまり、制限速度とクルマの常用速度がまったくマッチしていないのだ。

 

 

今更かい! と突っ込まれそうなネタなのだが、ではみなさんは遅い車に乗ったことはあるだろうか?

昔の軽自動車や、いわゆる小排気量車というのは、すべからく非力でスピードが出ない。その代わり、何かを我慢してスピードを出さないのではなく、懸命に走ってもスピードが出ないという代物だった。

 

 

例えば、イタリアやフランスのクルマでもそういった「がんばっても遅い車」というのが存在している。FIAT500やCITROEN 2CVなどがその代表格だが、それ以外にも対してスピードの出ないクルマは、欧州にはたくさん存在している。

じゃあ、そういったクルマたちが退屈でストレスがたまる走りだったかというと、決してそんなことはない。
クルマの楽しみというのは、スピードや馬力が全てではなく、運転そのものが楽しくなるような作りをしているものが結構あるのだ。

今どきの若い子たちにとっては、500馬力も、0-100km/hが3秒というのは、さほど魅力ではないらしい。まあ、我々の若い頃だって、そんなスピードが出せるクルマなんて存在していなかったから、同じといえば同じだが、よりスロースピードが楽しい車というのは、これからクルのではないだろうかと思う今日このごろであった。
皆さんはどうお考えになります?

 

それではまた近々。

 

A prestissimo !!

Vol.177 ハイパーEVってどうなんだろう

 

年末に突如襲った日本海側の大雪。
一説によると、EVで暖房を効かせられるのは30時間だという。
今回の大雪立ち往生で閉じ込められた時間は、なんと50時間…。
まあ、ガソリン車であろうが、そんな長い時間閉じ込められれば精神的にもヤバい。

私はガソリン車と同じ給油(充電)時間にならない限りは、EVの実用性に対しては懐疑的ではあるが、世の中の趨勢に逆らわないなら、やはり今後は内燃機関の減少は避けられない事実なんだろう。(まあ、エコってんなら古い車を大事にすればそれでいいはずなんだけど)

長引くコロナ禍では、一般市民に新しい車を買わせるのは難しいだろうが、時間とお金を持て余しているお金持ちには、むしろ刺激を与えることがビジネスチャンスというのは、こうしたハイパーカー業界の常識。

かねてから噂のあったアルファロメオTuonoの「妄想CG」が登場した。
オランダ人デザイナーBert Heijtさんの作品だが、Lidarやら5G対応やらで自動運転までこなしてくれる。いわゆるハイパーEVだ。

この手のクルマの主要マーケットが豪雪地帯ってことはないだろうから、前述のような厄災のことは考える必要はないだろうが、新車の世界はいよいよ、ラジコンかプラモデルのような世界に突入してきたと思うのは私だけだろうか?

それではまた近々

 

A prestissimo!!

 

Vol.176 コーフンするクルマ

こういうと、懐古主義だとかいろいろ言われますが、これを見てもそうやって責められますかね?

 

F40より速い車は今や珍しくもないし、Ferrari自身も、自分たちのプロモーションでF40を抜き去るというようなビデオを公開したことだってある。

でもね。やっぱりこれでしょ。
トンネルでわざわざシフトダウンしたり、そういう気分にさせてくれる一台。

途中で窓を開けて気分転換するあたり、いかにこのクルマが刺激たっぷりかを物語ってくれる。

まあ、つべこべ言わずに、こういうスポーツカーの原点みたいな部分に今年は多く触れたいものです。

それではまた近々。

 

A prestissimo!!

Vol.175 新年あけましておめでとうございます

オリンピックが延期されるというような、想像を絶する大変な一年だった2020年。
しかもあっという間に令和三年になってしまいました。

年末にかけてCovid19の感染者も増える一方で、なかなかと暗い話題が尽きませんが、とにかく自己治癒力を最後の砦に、みなさんも元気で健やかな一年をお過ごしください。

自働車業界に目をやると、やはりこのコロナ禍が影響して今年は昨年以上にマイカー需要が増えるでしょう。こんなご時世に何をのんきなと怒られそうですが、車好きの本音を言わせていただけるなら、この流れはちょっぴり嬉しいかもしれません。

ちょっと前まで、「クルマなんていらない、クルマを所有するなんて愚の骨頂」みたいな言われ方をしていたのに、コロナ禍ではやはりクルマの大切さと、移動の自由についてみなさん、より真剣にお考えになったようです。

この年末も目抜き通りには、なかなか個性的なクルマが目立っており、いよいよこれは新しい流れになりつつあるのかなと思うばかりです。

電車が悪いとは言いません。
でも、この感染力を考えると、やはり公共の交通機関はリスクが高いと言わざるを得ませんよね?

ともかく、今年も一年色んな情報をお届けできるようがんばります。
本年もよろしくお願いいたします。

 

謹賀新年
Felice anno nuovo.

Page Top