HOME >  コレツィオーネTV

Vol.196 スポーツの祭典がはじまりました

なんやかんや騒がれつつ、世紀の大イベントがついにスタートした。(とはいえ、これがアップされることは大詰めなんですが…。)
筆者はどちらかというと、こうしたイベントのプロモーションなんかに長く携わってきた関係上、今回のイベントに参画している友人達はたくさんいた。

そんな彼らの手前、物議を醸した開会式のことに言及するのは、相当はばかられるものがある。が、それにしても結構「何が言いたいんだろう…。」という式になってしまった気がする。個人的な意見ではあるが…。

8年近く前から準備し、誰も責められない疫病のせいで、そのすべてが水泡と化したという現実を忘れて、一方的に開会式の出来云々を責めるのはどうかとも思うのだが、それでも最後をキッチリまとめるというのも、やっぱりプロの仕事であることは確かだと思う。その点においては、少なくとも「何が言いたいか?」という当たり前の必須条件を満たしていなかったのは本当に残念なことだと言わざるを得ない。

 

 

柔道をはじめ、連日の金メダルラッシュに沸いているわけだが、もと体育会の人間としても本当に楽しい。特にコロナで退屈なので、本当に楽しい。

選手達の多くが「皆さんのおかげで大会を開いて頂きました。本当に感謝しています…。」なんて言葉もよく耳にする。

 

 

周りが思うより遙かにアスリートの競技者人生は短い。
とにかくひどい天候、あまりに気の毒な選手村、やれるだけましだなんて言いたくもない、その晴れ姿を家族や友人達も直に見せてあげられない、本当に謎のオリンピック。

だからこそ、参加者の皆さんには心の底からエールを送りたい。そして灼熱の東京へ来てくれた世界中のアスリートたちに言いたい。ようこそ日本へ。本当にすべてを我慢してまでよくぞおいでくださいました。

 

生きている間には決して見られないと思ったオリンピック。ホームなのに、心から大騒ぎできない今を本当に恨みたい。
でも、最後まで応援しています。

 

みなさんご存じの通り、彼のロゴやら写真は非常に権利関係があれなので、今回は文章のみでご勘弁を…。

 

それではまた近々。

 

 

A prestissimo!!

 

Vol.195 ITALIA HA VINTO

©corriere del sport

EURO2020が、大方の下馬評を覆しイタリアの優勝で幕を閉じた。
日本は今まさにオリンピックで大盛り上がりなわけだが、実はこのユーロのイタリア優勝はかなり大きな出来事なのだ。もちろんイタリアにとってはの話だが…。

サッカーにご興味のない方には申し訳ないネタなのだが、実は実績ベースでいわせていただくと欧州最強の実績を誇るのはイタリアだ。ワールドカップだって4回優勝している。ドイツだろ?って声も聞こえるが、対ドイツでも強さを発揮するのはイタリアだ。

 

多くの戦術についても、実はイタリア発祥が多く、以前ここでも触れたことがあるが、イタリアには戦術オタクが極めて多いのだ。

そんなサッカーイタリア代表。
W杯第一回大会こそ不参加だったものの、第二回三回と連続優勝。
戦争を挟んで不遇の時代を迎えるものの、1970年には準優勝。1982年には歴代最強とさえいわれるブラジルを破って優勝。

ちなみに1990年は地元開催のワールドカップだったのだが、その総合ディレクターはかのルカ・ディ・モンテぜーモロ。元FIATグループの総帥の彼が担当している。
開会式には多くのイタリアファッション界の巨匠によるコスチュームを纏った女性たちが彩りを添えたのは今でも語り草である。
組み合わせこそ残念な大会で、惜しくもあのマラドーナを擁するアルゼンチンに破れ3位。イタリアのクルマもファッションも元気だったこの頃だが、当時のイタリアサッカープロリーグも大いに盛り上がっていた。

 

 

 

 

94年灼熱のアメリカ大会では激闘の末、決勝でPK戦の末ブラジルに敗れ準優勝。その後も優勝を逃したが、2006年に再び優勝している。

いつもここで言わせて頂いているが、イタリア人の底力というのはものすごいものがあり、あくせくせずに結局のところ美味しいところをもっていけるすごみがある。ニコニコしていて陽気なのに、ここぞという一番で底力を発揮するのだ。

ただ、あまり言われていないが、故郷から離れすぎると寂しくなる傾向がある。ちなみに第2回大会は地元イタリア、第二回はフランス、82年の11回大会はスペイン、2006年はドイツ。いずれもご近所開催である。

ちなみに今年のEURO2020は欧州11都市での分散開催。イタリアは予選3試合すべてをローマで行い。決勝トーナメントも、ロンドン、ミュンヘンという飛行機2時間以内のエリアで行っていることが関係していることは事実だ。

ここまで上げておいてディスっているように聞こえたかもしれないが、そうではない。いまのアッズーリ(イタリア代表)は実に強い。
ロベルト・マンチーニ監督は就任後いまだ不敗である。見ていてもすがすがしく、ガッツ溢れるプレーに満ちあふれている。

この不遇の10年、特に前回のロシアワールドカップなどは、予選落ちという悲惨な事件まであったので、今の復活劇は本当に喜ばしい。

まあ、そんなわけで、次のワールドカップが楽しみだ。それまでにこの伝染病がどうか収まっていますように…。

 

それではまた近々。

 

 

A prestissimo!!

 

Vol.194 Alfa GTV復活するとかしないとか

@JPImparato twitter

ランチアの復活劇に対する期待が膨らむ昨今ですが、アルファも黙っちゃいません。

アルファロメオの現CEOのジャンフィリップ・インパラート氏がほのめかしているらしいのだが、GTVの名前が久々に路上に帰ってくるなんて話があるようだ。もちろん今度の復活は電動になるらしいが…。

しかし、プジョー時代にはレジェンドという名の504クーペをリスペクトした、実に素晴らしいプロトを出した彼のことだから、きっと期待は裏切らないはず。
ともかく、クルマ好きがザワついてしまうようなアルファのプロトを出して欲しいなと思う。

 

ステルビオからトナーレなどSUV系が、もっぱら近頃の話題のメインになっていたアルファロメオ。
やはりスポーツカーの復刻も必要という熱い声に応える形なのだろうが、そうなってくるとやはりGTVという名前あたりに白羽の矢が立てられるのもわからないでもない。

ただ、あくまで個人の意見だが、古豪復活を何度も謳いながら、実のところタダの一発もホームランを打っていないじゃないかというのも本音。そろそろ本気を出して欲しい。彼らのいう本当のアルファロメオってのは、まだまだこんなもんじゃないと思う。

AUDIのRS5やBMWのM4やグランクーペ。メルセデスのCLAあたりをターゲットにするとも言われているが、ジュリアよりもさらにスポーツよりのモデルならば、どうしたって期待が高まるってものだ。

自身が無類のアルフィスタであることを公言している彼。これからの動きに期待がかかる。

 

それではまた近々。

 

 

A prestissimo!!

 

 

Vol.193 いよいよ電動ランチアって、オイ!

ハイブリッドでもなければEVでもない。
デルタだなんだと話題に事欠かないランチアがついに復活かと胸を膨らませていたところに飛び込んできたのは、なんとランチア名義の電動キックボードだ。

 

まあ、なんにせよ話題になってくれるのは嬉しいことだけれども、この中国製キックボードにランチアのエンブレム(ちなみにイプシロンの名が与えられるようだ)があるのってどうなんでしょうか?

 

時速18キロで走ることができる電動キックボードは日本だけでなく、イタリアでも話題になっていて、持ち運びが便利でかつ移動も楽。一方で深刻な事故も起きていて、ヘルメット着用義務が叫ばれたりしている。

 

その点だけは珍しく日本の方がゆるい現在。
しかし、六本木あたりを猛烈なスピードで車道を走る電動キックボードも見かける今、いずれ厳しい規制が再び与えられるような気がしないでもない。

 

便利でお手軽なモノだから、みんなが乗れればいいで、凄惨な事故には本当に注意して頂きたい。

しかし、どうすかね?

ランチアのキックボード…。

他にやることあるような気がしますが。

 

 

それではまた近々。

 

 

A prestissimo!!

Vol.192 無い物ねだりはみな一緒

イタリア、いや欧州全体におけるランチア・デルタインテグラーレの人気に関しては、ここでも何度も取り上げさせてもらった。
多くのオークションですごい値段がついているとか、話題に事欠かないデルタだが、結構クルマの出所は日本であるケースが目立つ。

というのも、ご存じの通り、日本限定で最後の最後に生産されたEdizione Finaleが、つい最近のシルバーストーンオークションで、25万€(3,250万円ほど!)もの価格で落札されたという。

これまでにも15台限定のJolly Clubが336,000€なんていう恐ろしい値段がついたりしたが、なんだかんだで250台生産された最終型がこの値段というのは驚き以外の何者でもない。

しかも、サスペンションやエンジンもいじってあるノンオリジナルときたものだからさらに驚きである。

 

 

 

この手の話は、大概の場合は日本から流出したデルタである場合が多いが、イタリアのデルタクラブの会長もこの最終版を誇らしげに持っていたのを思い出す。

日本では欧州仕様が珍重されるが、むこうではやっぱり日本仕様がとても人気。
日本語のステッカーなど貼ってるなら、どういう意味だとかさんざん聞かれる。

結局洋の東西を問わず、無い物ねだりというのがよろしいようで…。

 

それではまた近々。

 

 

A prestissimo!!

Vol.191 EURO 2020

©UEFA official website

4年に一度のサッカー欧州選手権が一年遅れでスタートした。
いわずもがなのサッカー界における最重要イベント。
ある意味ではレベルの高さと、激しい試合でいうとW杯を上回る中身の濃い試合が楽しめる。

日本にくらべれば娯楽の少ない欧州において、こういう大イベントはとっても盛り上がるのは想像に難くないだろう。
しかし、タイトルのように昨年はあんなことがあったので、一時は中止なんて話こそ出たものの、やはり辛抱たまらんあいつらは無理矢理というか、とにかく有観客試合を実現してしまった。

 

 

さんざん死者を出しまくった欧州なのに、ロンドン、ローマ、ブダペスト、コペンハーゲンなど11都市での分散開催を行っているのだが、ロンドンはさすがに10日間の拘束があったりするので、基本イギリス国内にいる人たちのみが、限られた数だけ観戦している。それでも万を超える人数が大声でマスクなしで騒いでいる。

©UEFA official website

しかし、コペンハーゲンなどはまったくのマスクレスの入場制限もなしときたもんだからすごい。

コレを書いている時点でベスト8が決まるところまで来たのだが、すでに2,000人がコロナ感染したという…。

まあ、そりゃそうだろうなってくらいの激しい応援なのだが、あらためてコロナって怖いなと。

 

 

東京もオリンピックまで30日を切っている。すっかり冷え冷えな感じでさみしい限りだけれども、EURO2020を見ていると、やっぱり人間には大声を出したり、組んずほぐれつの密着スキンシップが必要なんだなあと痛感してしまう。

 

なんか、とても久しぶりに昔の日常を目の当たりにして、ついついうらやましくなってしまった…。

しかし、大番狂わせが続く今年のEUROは実に面白い…。

 

それではまた近々。

 

 

A prestissimo!!

Vol.190 クルマのデザインって

まあ、こんなことをデザイナーでもない私がどうこう言っても仕方ないのだが、どうにも最近の自動車のデザインには失望している。

とりわけ、コロナ禍になって街中にクルマがとても増えている中、特に高級車が目立つわけだが、その大半が??????という感じでデザインが多くて嫌になる。

一方で、旧い車たちも相当数見かけるようになってきた。とくに若い人たちがそうした旧車に乗っているのが目立つのだが、これって実はとっても重要な流れだと思うのだ。

 

昔の車のデザインがダサくて古いのだろうか?
若い感覚がどうこうとか、そういった次元の話ではなく、単純にいいデザインか悪いデザインかしかないわけで、その意味では今のデザインってちょっと魅力がないのは事実なのだと思う。

仮に今私が20歳だとして、仮に今がバブル景気だったとしても、果たして20歳で買える範囲の現行車種に60回ローンを組むようなことがあるだろうか?

こんな話を友人の子供達に聞いてみても、やはり思った通りの答えしか返ってこず「うーん。金額云々より、単純にかっこ悪いのは欲しくない。昔のデザインの方が普通にかっこいいと思う…。」と言うのだ。

じゃあ、昔のでいい。そう思うのはいけないことだろうか?
まあ、旧い車も数に限りがあるし、簡単でないことは事実だけど、今の車にはもうちょっと街の声や過去の秀作にリスペクトすべきじゃないかな?

だいたい、新しいってなんなのよ? それがいいことばっかりじゃないだろうに…。

 

それではまた近々。

 

A Prestissimo!!

 

Vol.189 売れたアルファTOP5

イタリアでFIAT傘下に入ってからのアルファロメオ売上歴代TOP5が発表された。

果たしてそのニュースがイタリア人に響くかは相当疑問なのだが、日本においてはきわめてなじみ深い車たちが多いので、ちょっとご紹介したい。

 

第5位 Alfa Romeo 164 269,894台

FIAT傘下における最初のヒット作とよばれるのが、この164。1987年から97年まで生産された。

間違いなくアルファ至上でも、際立つ傑作デザインの1つだと思う美しいクルマは、ピニンファリーナ時代のエンリコ・フミアのデザイン。
いまでは排ガス規制の問題で、イタリアでは全くといっていいほど見かけなくなってしまったクルマだが、そろそろ再評価されてもいいのではないだろうか?
日本国内でもひときわ目立つ存在感があったし、トリノの街角なんかで見かけると結構ドキッとしたものだ。

 

第4位 Alfa Romeo MiTo 293,428台

 

ミト=Myth、伝説?? はじめてその名を聞いたときは、Bセグの小型車にずいぶん大きく出たもんだなと思ったのだが、実はMilano – Torinoの略。つまり、Alfa RomeoとFIATの両者をたたえる意味でつけられた名前。なので、MとTが大文字である。
293,428台を売った。今となってはイタリアよりも日本の方が見かける気がする。

 

第3位 Alfa Romeo Giulietta

映画キル・ビルの主演女優、ユマ・サーマンが「Io sono Giulietta! (わたしはジュリエッタ)」というキャッチが印象的なCMだったこのクルマ。2010年から20年までの総生産台数は480,000台。イタリアでは一時期この印象的なテールランプが高速道路で目立ったのが思い出される。

 

第2位 Alfa Romeo 147

2000年から2010年にかけて、実に652,813台を売った147。
1986年からチェントロ・スティーレで指揮を執っていた、ヴァルテル(ワルター)・デ・シルヴァのデザイン。
2005年のマイナーチェンジではジョルジェット・ジウジアーロが担当という、なかなかの豪華メンバーによる一台だった。

 

第1位 Alfa Romeo 156

 

FIAT時代の栄えある売上ナンバーワンは、673,435台を販売した156。
1997年から2007年まで生産され、後の159よりも遙かに道路を賑わしていた。
こちらもヴァルテル・デ・シルヴァのデザイン。その後の彼の名声を確立した一台となった。キャサリンセタジョーンズが若い…。

 

 

それではまた近々。

 

A Prestissimo!!

Vol.188 エヴォトレンタセッテ

©Kimera Automobili

すでに日本でも一部の自動車websiteで報じられているが、キメラオートモビルからランチア・ラリー、通称037のオマージュのモデル、EVO37が登場する。
日本語だと「エヴォサンナナ」と読めるが、実際はエヴォトレンタセッテと読む。

 

イタリアのクルマ好きの間でも、まあデルタやストラトスが復活したから、次はもちろん037だろうなんて話は出続けていた。

 

 

勝つために自由にクルマをデザインして、実際にレースで勝ったというのは、おそらくはこのランチア・ラリー(デルタS4はいろいろあったので…。)が最後だろうから、彼らの言うところの「栄光の香り」なんて部分はそうしたノスタルジーが開発のモチベーションになったのは納得がいく。しかし、今回のEVO37は当時の関係者が多く参加しており、中身的にはかなり本物なゼロサンナナなのかもしれない。

 

この車に関する情報では、イタリアの老舗自動車専門誌QuattroRuote誌の動画がとてもよくまとまっているので是非ご覧いただきたい。(イタリア語ですが翻訳などをつかって是非みてみてください)

©Quattroruote

 

本物の037がモノコックのセンター部に前後鋼管パイプによるスペースフレームをつなげていたのに対し、今回のEVO037はカウンタックのようなバードケージ構造になっている。
505馬力という、本家のラリーバージョンよりも強力なパワーを誇るEVO037なので、この改善は妥当なんだろう。随所にS4をチラ見した痕跡が見えるが、それはご愛敬だろう。

後のフェラーリF40にも明確な影響を与えたランチア・ラリー。というか、多分厳密には、当時のツーリングカー選手権でつまらないほど強力だったポルシェ935を破ったモンテカルロターボの方が元なんだろうけど、やっぱりいいなと思う次第。

 

世の中の旧車ブームは、やっぱりクルマは格好だということを声高に言い始めている気がする。

大歓迎だ。

 

それではまた近々。

A Prestissimo!!

Vol.187 アルファなアバルトでSPと来たもんだ

伊仏合体のコングロマリット、ステランティスの第一弾がまさかあのアバルト1000SPの復活だとは…。

正直びっくりした。
アルファの4Cをベースにしたワンオフというが、それにしても結構エンスーなクルマが今のこの世の中にリリースされるとは…。

旧FCAのHeritageのトップ、ロベルト・ジョリート氏が指揮を執るようだけど、なかなか渋いセレクトだなあと思う次第。

エンジンは4C譲りのアルミ製1742cc直列四気筒。240CV/6000rpmなんで、エンジンスペックなどはそのまんまな感じである。車重は1トンを超えてくるらしいが、ちなみにオリジナルは、馬力こそ少ないが500kgもない。

 

 

FIATもABARTHもLANCIAもALFAも、ヘリテージの宝庫なので、これからも渋い復活を望みたいモノだ。

 

それではまた近々。

 

A Prestissimo!!

 

 

Page Top