HOME > コレツィオーネTV > Vol.154 モントリオール50周年!?

Vol.154 モントリオール50周年!?


東京五輪が延期された今、すっかり白けムードが漂っているが、モントリオールと聞くと、それでもオリンピックを思い出してしまうのがオヤジの証なのだろうか?

今回はモントリオールとはいえ、アルファ・ロメオのモントリオールのお話。

 

 

 

アルファ・ロメオのモントリオールは1970年のジュネーブショーでデビューしている。ちなみにオリンピックの方は1976年だ。(くどい)

 

ちなみに名前の由来は、1967のモントリオール万博にプロトモデルが出品されたため。デザインはあのマルチェッロ・ガンディーニ大先生。(表紙のモデルがソレ)

 

ウインドウ周りなど同時期のミウラを彷彿とさせるデザインがなかなか痺れる。
アルファマニアにはたまらない、伝説のレーシングモデルTIPO33のV8エンジンを搭載するスーパーモデルで、当時日本では770万円もしたらしい。(現在でいう2000万くらいの価値だろうか)

 

戦後のアルファ・ロメオでいうと、いまでこそ8Cや4Cといったなかなかスマートなスーパーモデルが存在するが、やはりモントリオールこそが生粋のアルファ的要素満載の真打ちといえるのではないだろうか。

 

 

ちなみにイタリアの友人が所有しているが、湯水のようにレストア代をつぎ込み、結婚して娘が生まれて反抗期をすぎる頃にようやく仕上がったという逸話もある。つまり、母国イタリアでも相当なツワモノというわけだ。

 

 

今回話題になっているのはアルファ・ロメオ110周年に絡んだ噂で、実は以前からもモントリオールネタはあったのだが、最近Alessandro Masera氏のレンダリングが現役FCAのデザインチーフから”いいね”をもらうなどすっかり話題になり、再び様々なニュースが飛び交うようになってきた。

その他にも日本人デザイナーによるスタディも登場しており、なかなか見応えがある。ぜひチェックしていただきたい。

 

2021年にこうした車が見られることを切に願いたいものだ…。

 

 

それではまた近々

 

A Prestissimo!!

 

 

 

Page Top