HOME > コレツィオーネTV > Vol.133 またUNOすか?〜あくまで噂ですが…。

Vol.133 またUNOすか?〜あくまで噂ですが…。


Rendering 2019 by Mario Piercarlo Marino

Rendering 2019 by Mario Piercarlo Marino

リバイバルブームが盛んなのは、今年もかわらないようだ。

なんと80年代のイタリアを席巻したFIAT UNOが復活するという。もちろんイタリア人デザイナーたちが自主プレのように起こしたCGレンダリングなのだが、以前にもここでFIAT 127を紹介したように、その出来がすばらしく、なかなか見ごたえのあるものが多かったりもする。

 

 

 

 

 

Rendering 2019 by Mario Piercarlo Marino

Rendering 2019 by Mario Piercarlo Marino

しかし、なぜUNOなのか?
ちなみにこの10年街中でUNOをみかけることはほぼなかった。
田舎に行ってもPANDAこそあれ、UNOはまさに絶滅種だった。

 

 

 

 

fiatuno日本じゃ、まだまさにバブル真っ盛りの頃、JAXさんが手掛けていたUNO。なかでもTURBOはまさにジャイアントキリング的に、200キロオーバーを叩き出す、なかなかのミニカーというイメージで、一部のカルトな人気を博していた。

もちろん、車自体はとても便利でスタイリッシュ(大げさ?)で、お値段以上な感じがするとてもいい市民のアシという感じだった。実際、パンダ同様ジウジアーロ先生の作品なので、都会でもアウトドアでも実に馴染みの良い実用デザインで、今見てもやはり古臭さはあまり感じない(初期型はね)。

ちなみにこいつはシリーズ末期の最終型をもとにしたデザイン。マリオ・ピエルカルロ・マリーノさんによるものだが、結構迫力があって良くないですかね?

ちょいワル(死語?)な感じも今更良いような感じが…。

 

それではまた近々!

 

A Prestissimo!!

Page Top